ここから本文です

米中間選挙当日にワシントンで自爆計画か 56歳男性を訴追

10/11(木) 12:58配信

BBC News

米連邦捜査当局(FBI)ニューヨーク支局は10日、11月6日の中間選挙当日に首都ワシントンの国立公園で自爆する計画を立てていた疑いで、56歳男性を逮捕し訴追したと発表した。

調べによると、ポール・ローゼンフェルド容疑者は重さ90キロ超の爆発装置を作り、ワシントンのナショナル・モールで自爆する計画だった。

ローゼンフェルド容疑者は10日、爆発物製造と運搬の疑いで訴追された。

容疑者は、自分が信じる「抽選制」による政治に注目を集めるため、自爆を計画したと供述しているという。

FBIニューヨーク支局のウィリアム・スウィーニー次長は、「もし計画が成功していた場合、罪のない複数の通行人の命を奪い、計り知れない破壊をもたらした恐れがある」と述べた。

「幸いにして、事態を重く見た市民が素早く行動し、複数の捜査当局とFBI合同対テロタスクフォースが懸命に取り組んだおかげで、計画を阻止することができた」と次長は話した。

調べによると、マンハッタン近郊タッパンにある容疑者宅を9日に家宅捜索したところ、巨大な爆発物が見つかった。

容疑者が計画について手紙やテキストメールを書き送った人物が、捜査当局に通報したことで、自爆計画が発覚した。

調べに対してローゼンフェルド容疑者は、インターネットで大量の黒色火薬を購入し、起爆実験を繰り返していたと供述しているという。

(英語記事 Man charged over US mid-term elections 'bomb plot')

(c) BBC News

最終更新:10/11(木) 12:58
BBC News