ここから本文です

巨人、フロント改革断行 鹿取GM退任、後任は置かず 岡崎スカウト部長も異動

10/12(金) 5:02配信

デイリースポーツ

 巨人は11日、鹿取義隆GM兼編成本部長(61)の退任と、岡崎郁スカウト部長(57)の異動を発表した。後任は置かずに、大塚淳弘事業本部次長兼試合運営管理室長(59)が球団副代表編成担当兼試合運営管理室長となり、編成業務を統括。岡崎スカウト部長の後任は長谷川国利査定室長(56)が兼務する。

【写真】第3次政権受諾へ…球団事務所を訪れた原前監督

 球団は原辰徳前監督(60)に次期監督の就任を要請。並行し、フロント改革が断行された。鹿取GMは「リーグ優勝を果たせなかった責任を取り、退任することを決めました。結果的に(高橋監督に)十分な支援ができませんでした」とコメント。GM職は2011年から続いてきたが、今後は置かないことが決定した。

 山口オーナーは「フロントとチームが一体となって立て直せる体制を作らないと。人を入れ替えるだけではない」と話しており、GM職を置かない今回の新体制はその一環と言える。25日のドラフト会議まで残り2週間の段階でのスカウト部長交代も異例。間断なき改革で、復権へ向け動いていく。