ここから本文です

「Nessus 8」を発表、オフラインでの即時更新やグループ化機能を搭載(テナブル)

10/12(金) 8:00配信

ScanNetSecurity

Tenable Network Security Japan K.K.(テナブル)は10月11日、脆弱性評価ソリューション「Nessus Professional(Nessus プロフェッショナル)」の最新版「Nessus 8」における強化策を発表した。10月1日(米国時間)に米国で発表されたプレスリリースの抄訳として伝えている。Nessus8は10月末より一般利用が可能となる。

Nessus 8では、「Live Results(ライブ・リザルト)」機能を新たに導入する。これは、組織の情報資産に脆弱性が存在する可能性がある場合、オフライン状態でもスキャン履歴に基づいて、リアルタイムで更新を行う新しいインテリジェント脆弱性評価機能。また、「Grouped View(グループ・ビュー)」機能も新たに搭載する。こちらは、セキュリティ担当者が類似の問題や脆弱性のカテゴリ、およびシステムまたは資産を一本にまとめてグループ化することにより、単純かつ容易に作業ができるようにするもの。情報の氾濫を最小限にとどめ、仕事量をより効率的に管理できるようにする。

(吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa ))

最終更新:10/12(金) 8:00
ScanNetSecurity