ここから本文です

日本人F1ドライバー誕生を目指し……レッドブル+ホンダのドライバー育成プログラム”第一歩”。角田裕毅が渡欧し、F3テストに参加

10/12(金) 12:40配信

motorsport.com 日本版

 ホンダの山本雅史モータースポーツ部長が、すでにレッドブルと共同での若手ドライバー育成プログラムが動き始めていることを認めた。

【動画】FIA F1世界選手権第17戦日本グランプリ ハイライト

 ホンダとレッドブルは来季からタッグを組み、レッドブル・ホンダとしてF1に挑むことが決まっている。つまり現在のトロロッソと合わせ、2チーム4台の”レッドブル・グループ”のチームが、ホンダのパワーユニットを使うということになり、その協力関係は非常に強固なモノとなるわけだ。

 ホンダの山本部長は以前、レッドブル・ホンダの活動と並行して、日本人F1ドライバーの育成計画も協力して行うことを示唆。”レッドブルとホンダの育成ドライバーの交流”や、”レッドブルと共同でのF3テストプログラム”を行う可能性について言及していた。

 この計画は、現状ではどこまで進んでいるのだろうか? それを尋ねると山本部長は、すでにF3のテストプログラムがスタートしていることをF1日本GPの現場で認めた。

「レッドブルと共同での育成プログラムは、今後実現していくと思います。ヘルムート・マルコ(レッドブルのモータースポーツ・アドバイザー)さんとの話は終わっていませんが」

 そう語る山本部長だが、すでに今季のFIA F4選手権でランキング首位を走る角田裕毅が渡欧し、F3のオーディションテストを受けたと明かした。

「角田選手がハンガリーに行き、ダニエル・ティクトゥムやレッドブルの育成ドライバーらと共に、F3のオーディションというか、3日間のテストを行いました。そして非常に良い結果でした。ダン(ティクトゥム)とほぼ変わらない結果でした」

 そう山本部長は説明する。

「マルコさんからも、『ユウキは良いね』と言っていただきました。そこから先はまだ進んでいませんけど、色々な形でお互いの良いところ、そしてプラスになるようなコラボレーションならば、私も積極的にやろうと思っています」

「マルコさんは非常に厳しいですから、私も勉強させてもらっています。非常に良い関係だと思います」

 角田の他に、現在全日本F3選手権で活躍する阪口晴南も、今月末に渡欧してテストに挑む予定だったようだ。しかしこれについては、レギュレーションの関係上キャンセルになってしまったという。

 なおホンダのドライバー育成の基礎、入り口とも言えるのが、鈴鹿サーキット・レーシング・スクール(SRS)である。ここでスカラシップを得たドライバーが、HFDP(ホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト)の一員になるというわけだ。

 SRSを運営するモビリティランドの山下晋社長は以前、SRS改革の必要性を指摘していた。これについて山本部長に尋ねると、次のように説明した。

「SRSもテコ入れした方がいいと思います。今、協議をしています」

「今のSRSは鈴鹿サーキットが運営し、ホンダがサポートしています。鈴鹿サーキットが軸になるのは変わりませんが、その体制を見直し、もう少し我々(ホンダ)が関わっていこうと考えています」

「凄く厳しい言い方かもしれませんが、世界に通用するドライバーを育てるためには、世界を経験した優秀なドライバーを先生に起用しないといけないと思います。そのあたりを(モビリティランドの)山下社長とも話をして、来年、そして次のスクールに向けて議論しています」

田中健一

最終更新:10/12(金) 12:40
motorsport.com 日本版

あなたにおすすめの記事