ここから本文です

(社説)就活ルール―学生へのしわ寄せ防げ

10/12(金) 7:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 経団連が、新卒学生の就職活動の日程を申し合わせたルールの撤廃を決めた。
 企業の6割超が面接解禁日を守っておらず、形骸化が進んでいた。強制力がないとはいえ、自分たちで決めたことも守れないのは情けないし、撤廃決定に至る議論がどこまで尽くされたのか、疑問も残る。
 だが、外資系などの経団連に加盟していない企業の採用活動が早まっている現実がある。今後さらに海外との人材交流が進むといった社会の変化を考えれば、従来の形のルールの維持は難しいと判断したのだろう。
 しかし一気に自由化すれば、学生にも企業側にも混乱が起きるのは必至だ。…… 本文:951文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社