ここから本文です

自殺アイドル「月給3万5千円」 長嶋一茂「実はそんなにビックリしない」

10/12(金) 17:03配信

J-CASTニュース

 16歳で自殺したアイドルグループ「愛の葉(えのは)Girls」の大本萌景(ほのか)さんが強いられていた過酷な労働実態について、タレントの長嶋一茂さんは2018年10月12日の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)で、「搾取なんだけど、そういう世界でもある」と見解を述べた。

 萌景さんは、1か月に20日間前後の労働、1日平均12時間の拘束という中で、平均報酬は月額3万5000円だったという。異常な数字だが、芸能界に身を置く一茂さんは「実はそんなにビックリしていない」と語る。

■「芸能界にお世話になっている」

 萌景さんの母・幸栄さん、姉・可穂さんは11日に会見を開き、自殺に至る経緯を明かした。それによると、萌景さんは学業と両立できない過密スケジュールを組まされ、所属事務所「hプロジェクト」に次回の契約更新はしない意思を伝えた。だが、佐々木貴浩社長から出てきた言葉は「違約金1億円払え」(佐々木氏本人は発言の事実を否定)。萌景さんは、その翌日となる3月21日に命を絶った。この会見から一夜明けた10月12日、幸栄さんら遺族は事務所などに対し、約9200万円の損害賠償を請求する民事訴訟を松山地裁に起こした。

 膨大な仕事量を強要されていた萌景さんは、報酬も過少だった。だが、一茂さんは「モーニングショー」で「あり得ない報酬だけど、僕は実はそんなにビックリしていない」と冷静だった。

  「搾取なんだけど、そういう世界でもあるな、若手芸人の話とか聞くと。普通じゃないでしょう。そういう世界(芸能界)の通例みたいな感覚がある。僕が麻痺しているのかも分からないけど」

 テレビ朝日解説委員の玉川徹氏は番組で、「一茂さんは『芸能界ではあることだ』と言いましたけど、だとすれば芸能界が異常な世界。日本全国の芸能界でこうした状況があるとすれば芸能界がおかしい。そんな話をここに適用してはいけない」と猛反論。一茂さんは「僕もその通りだと思う」と応じる素振りを見せたものの、

  「あまり声を大きくしては言えないけど。芸能界にお世話になっているから」

と奥歯に物が挟まったような言い方だった。

 こうした一茂さんの意見に対しては、ツイッター上で、

  「一茂それ言ったらダメなやつだよ」
  「芸能界では普通みたいなことを言ってるが、そんなことないだろう」
  「常識人ハズレしている感覚だね。TVに出て発言する人じゃない」

といった声があがり、理解を得られているとは言い難い。

 一方、「芸能界にお世話になっている」からこそ思うところがあるのか、一茂さんが事務所のやり方に強く異を唱える場面もあった。

1/2ページ

最終更新:10/12(金) 17:33
J-CASTニュース