ここから本文です

【DEEP JEWELS】“元祖・美しすぎる格闘家”長野美香がRIZIN目指して国際戦

10/12(金) 12:09配信

イーファイト

 12月1日(土)東京・新宿FACEで開催される女子総合格闘技イベント『DEEP JEWELS 22』の追加対戦カードが発表された。

【フォト】計量では鮮やかなビキニ姿も披露した長野

 長野美香(34=CORE王子豊島)が9月大会から連続参戦、ターニャ・ホフマン(34=ドイツ/EAST2WEST MARTIAL ARTS ACADEMY)との国際戦に臨む。

 長野はレスリングの名門・中京女子大学レスリング部出身で、2007年12月にMMA(総合格闘技)でプロデビュー。以後、タレント活動もしていたルックスの良さで女子格闘技のアイコンとして活躍してきた、“元祖・美しすぎる格闘家”。

 2014年2月に一度引退したが、結婚・出産を経て2016年8月に復帰し、藤森祥子に得意の腕十字で逆転勝利を収めた。同年9月にモンゴルで試合を行った後、再び休養期間に入ったが、9月大会で完全復帰。ジェット・イズミ(43=M16ムエタイスタイル)とのベテラン対決を行い、1R4分2秒、得意の腕十字で一本勝ちした。

 ホフマンはドイツのMMAイベント『RESPECT FC』と『SHOOTO KINGS』の2冠王者。2016年6月にドイツでDEEP JEWELSに参戦している山口さゆりとメインイベントで対戦して勝利、同年8月にはDEEPに初来日し、第一DATEから勝利を収めている。第一DATEとの試合では投げからの腕十字を多用しており、長野とは腕十字対決となりそうだ。

 長野は9月の試合後、「まだまだですけれど」と前置きしながらもRIZINに参戦したいとの意思を表明。今回も一本勝ちを飾ってアピールすることが出来るか。

最終更新:10/12(金) 12:09
イーファイト

あなたにおすすめの記事