ここから本文です

ナ・リーグ優勝決定シリーズでブルワーズと対戦 ドジャースのカギ握るマエケンら救援陣

10/12(金) 12:13配信

東スポWeb

【ウィスコンシン州ミルウォーキー11日(日本時間12日)発】ナ・リーグ優勝決定シリーズ(NLCS)のドジャース対ブルワーズは、12日(同13日)から当地で始まる。前田健太投手(30)の所属するドジャースはこの日、第1戦に備えて敵地ミラー・パークで午後7時半から練習を行った。

 88年以来30年ぶりの世界一を目指し、3年連続でNLCSに進出したドジャースへの評価はまずまずだ。ラスベガスの有名ブックメーカー「ボバダ」が発表した11日時点のオッズはブルワーズの2・40倍に対して1・59倍。ドジャースのワールドシリーズ制覇には同時点で4・33倍をつけられており、アストロズの3・10倍、レッドソックスの3・15倍に次いで3番人気だ。どのチームがワールドシリーズに進出しても、ア・リーグのチームが優勢と見られている。

 ドジャースはシーズンの通算成績がブルワーズを下回ったため、今シリーズは敵地からのスタート。それでもドジャース有利と見られているのは投打のバランスが取れているからだろう。シーズンでのブルワーズとの直接対決は4勝3敗と勝ち越している。

 そんな中で、シーズン後半から救援に回っている前田はプレーオフでも勝ち試合で抑えのジャンセンにつなぐセットアッパーとして重要な役目を担う。ブルワーズ救援陣はドジャースを上回るとも言われており、前田ら救援陣の働きがシリーズのカギとなりそうだ。

最終更新:10/12(金) 12:13
東スポWeb