ここから本文です

「私ってこんなに運転好きなんだ」 地元でのドライブで気分転換した三浦桃香が“アクセル全開”の好発進

10/12(金) 17:50配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<富士通レディース 初日◇12日◇東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(6,675ヤード・パー72)>

【関連写真】ノーバン始球式ならず…三浦桃香の投球フォーム!

現在出場7試合連続で予選落ちと苦しむ三浦桃香が、ここまでの“うっぷん”を晴らすような活躍を見せ会場を沸かせた。5バーディ・1ボギーの「68」で、首位と1打差の4アンダー・2位タイと好発進。しかしラウンド後には不安の言葉も口にするなど、喜びきれない初日となった。

「ショットがよかった」と振り返った言葉通り、パーオンが18ホール中14ホールと、しっかりとセカンド以降をグリーンに置きスコアメイクに繋げた三浦。しかし、「見ていた人は分かったと思いますが、パターがひどかった」と、この日のパット数「28回」という数字以上に、グリーン上に悪い感触を残したままのホールアウトとなった。特に、強く悔いたのが、パーで終えた5、6、7、8番。いずれもバーディチャンスだったものの打ち切れず、「チャンスの場面で全部ショートしてしまった」とやり切れない言葉をもらした。

もともとパットへの不安を口にしていた三浦。「感覚が戻らない」と、今大会開幕前の9日には朝8時から夕方5時30分まで丸一日パット練習に費やすなど、最重要課題として重くのしかかっている。現在は自信をつけるために50cm、60cmの距離から納得いくまで打ち、徐々に距離を伸ばすという練習を行っているが、「それが1mまで行ったら止まってしまう」となかなか納得がいく状態まで上がっていかない様子。部屋に帰ってもボールを転がしてからベッドにつくが、不安から朝方に目が覚め、再びパターを握るという生活を送っている。

予選落ちが続く日々については「ずっとメゲています。今日も後半パターが入らなくなって、『ヤバイ』と言いながらメゲていました」とスコアは出ていても、常に不安が押し寄せる。そんな三浦は、出場できなかった「日本女子オープン」の週を利用し、地元の宮崎で英気を養ったという。

特に練習の合間に行った友達とのドライブが相当に楽しかったようで、「私ってこんなに運転好きなんだな」という気持ちが芽生えたほどだ。「車内で好きな音楽を聴いて、大声で歌って発散しています」と、この“プライベート空間”が重要な場所になっている。今季から若手選手のサポートを目的とした“メルセデス・サポート選手”として同社から車両提供を受けている三浦。移動手段という以外に精神面でも大きな援護射撃を受けているようだ。

好位置から2日目を迎えることができたが、やはりパターについては「自信がない。むしろちょっと怖い」と弱気の言葉も口をつく。それでも、まずは久々となる予選通過に向け「頑張ります。頑張るしかない」と言って表情を引き締めた。(文・間宮輝憲)

(撮影:上山敬太)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:10/12(金) 18:43
ゴルフ情報ALBA.Net