ここから本文です

「“LOVE”レベルの物だけ残す」「思い出の品は電子化」 あるオタクを汚部屋から卒業させた断捨離術

10/12(金) 18:59配信

ねとらぼ

 汚部屋からの脱却に成功したTwitterユーザー、ささやさんが公開した断捨離術が注目を集めています。要点が4枚の画像に整理されていて分かりやすく、「参考になる」「私もがんばろう」といった声が多数寄せられています。

【画像】「断捨離のススメ」続き

 かつてささやさんの部屋は本やゲームが山積みで服は散乱し、床も見えない状態。友人が訪れた際は1時間以上外で待たせることになり、親からも掃除を拒否されるありさまだったといいます。そこから2年ほどかけて物を手放し、すっきりしたシンプルな部屋に。掃除が楽になって片付けグセがつき、心に余裕ができた(気がする)そうです。

 成功の結果、フォロワーから断捨離の相談を受けるまでになり、アドバイスとして投稿したのが上記のツイート。まず始める前の心構えとして、「1日で全部やろうとしない」「一気に完璧を目指さない」と述べています。その日のうちにやりきるのも、手放すか否かの判断を下すのも難しいですからね。

 物の要・不要は、4段階の基準で判断。第1段階では過去1年を振り返り、1度も着ていない服や読み返していない本などを手放します。次に、今後の自分に不要な物を処分。そこから残った物を、さらに「“LIKE”ではなく“LOVE”レベルの物だけを残す」「『これが私!』と言えるほど似合う物を厳選」という基準で処理します。この順で減らしていくと、最後に「よく使い、自分の人生に必要で、大好きで、自分らしい物」だけが残るということです。

 とはいえ、いきなり物を手放すのは抵抗があるもの。そこから踏み出すための考え方として、ささやさんは「『いつか使うかも』といった迷いが生じたら手放す」「捨てがたい思い出の品は撮影かスキャンでデータ化」「『念のため』で同じ物が複数あるようなら数を絞る」といった提案をしています。ただ、漠然と物を減らすだけだと部屋が殺風景になるので、「どんな部屋にしたいか」「どうして断捨離をするのか」を決めたうえで進めるといいとのこと。そのほうが手放すべき物を明確にできるそうです。

 一通りの処分が済んだあとは、物を増やさない努力も重要。コツとして「欲しい物ができても1日じっくり考えてから買う」「ストックを持たず、消耗品は使い切ってから買い足す」といった方法を紹介しています。また、手帳や時計、地図をスマホで代用するといった具合で、各種の道具を多機能の機器だけで間に合わせる手も。

 最後に具体例として、ささやさんが実践している物の減らし方を、カテゴリー別に説明。衣類やバッグ、アクセサリーの類は着用頻度の低い物から減らし、続いて似たデザインの物を減らし、最終的にはコーディネートしやすい、自分に似合うものだけに厳選しています。

 本やCD、グッズ類は、「愛でていなかったたら手放す」と決断。リピートしなくなった本やCDは手放すか電子版に切り替えます。グッズは基本的に最推しの物だけ買い、例えば缶バッジなら1キャラにつき3つまでなどルールを決めて1つ増えたら1つ手放すとまで徹底しています。

 ツイートは「片付けが苦手なので助かる」「1~2年がかりと効いて目からウロコ」「背中を押してもらえた」と好評。その一方で、「オタクとしてどうしてもグッズは捨てられない」「趣味の品や道具の予備まで捨てるのは怖い」といった意見もあります。

 さまざまな反応を受けて、ささやさんは「『コレクターのかた、収集癖のあるかた、グッズ量=愛の大きさという考えのかたには全力でオススメしません』と注意書きを加えるべきだった」と追記。あくまでも断捨離したい思いの強いフォロワーに向けて書いたものであり、画像4枚にまとめる過程で省いたことも多いので、参考程度にしてほしいとのことでした。

ねとらぼ

最終更新:10/12(金) 18:59
ねとらぼ

Yahoo!ニュースからのお知らせ