ここから本文です

【秋華賞・ワタシの◎ 別府真衣】アーモンドアイ、死角が見当たらない

10/14(日) 12:03配信

スポーツ報知

◆第23回秋華賞・G1(10月14日・芝2000メートル、京都競馬場)

 秋のG1第2戦となる第23回秋華賞(14日、京都)。「UMAJO報知」の地方女性騎手リレーコラム「ワタシの◎」は、3歳牝馬の決戦でメンバー全員が登場。宮下瞳=名古屋=、別府真衣=高知=、木之前葵=名古屋=の3騎手はそろってアーモンドアイに◎。逆らえない、死角がないと2冠牝馬が抜けた格上の存在とジャッジした。

 9月13日に結婚しました。夫の宮川実騎手とは昨年末から一緒に住んでいたので生活は変わらないのですが、たくさん周囲の方から祝福していただき実感がわいてきました。その4日後には700勝を達成できました。699勝から時間がかかったのでホッとしています。今秋もひとつでも多く的中できるよう頑張ります。

 秋華賞はもちろんアーモンドアイです。オークスでは位置を取りに行って、すごい脚を使っていました。あれなら直線の短い内回りでも大丈夫。休み明けでも全く問題ないし、死角が見当たりません。(高知競馬騎手)

 【別府真衣騎手の印】

◎(11)アーモンドアイ

○(7)ラッキーライラック

▲(13)ミッキーチャーム

★(2)カンタービレ

△(5)サラキア

△(16)プリモシーン

△(18)ダンサール

 ◆別府 真衣(べっぷ・まい) 1987年12月8日、高知県生まれ。30歳。05年10月に高知でデビュー。地方通算701勝。通算重賞4勝。愛称は「まいーご」。151センチ、41キロ。血液型O。葵ちゃんと同じく秋華賞はダイワスカーレット(07年)の強さに感動。

最終更新:10/14(日) 12:06
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ