ここから本文です

森保ジャパン、3発で2連勝!指揮官はチームの融合を強調

10/12(金) 21:50配信

スポーツ報知

◆キリンチャレンジカップ2018 日本3―0パナマ(12日・デンカスタジアム)

 FIFAランク54位の日本代表は12日、国際親善試合で同70位のパナマ代表と対戦し3―0で勝利した。前半42分にリオデジャネイロ五輪世代のMF南野拓実(23)=ザルツブルク=の2戦連発で先制。後半に20分にMF伊東純也(25)=柏=も2試合連続弾で続くと、後半40分にはFW川又堅碁(28)=磐田=がダメ押しとなる3点目を押し込んだ。

 この日は3―0で勝利した9月11日の初陣コスタリカ戦から先発を6人変更した。森保一監督(50)は、この日の狙いについて「融合ということで、これまでA代表で出場機会がなかった選手に新たな経験をしてもらう。経験のある選手と融合してもらうということを考えてメンバー編成した」と説明した。

 快勝という結果については「チームとしてやろうとしていることを選手がチャレンジしてくれてよかった。まだまだクオリティーを上げていかなくてはいけないので次に向けて準備したい」と3連勝がかかる南米の強豪ウルグアイ戦(16日・埼玉スタジアム)を見据えていた。

最終更新:10/13(土) 0:12
スポーツ報知