ここから本文です

飯伏幸太“引退騒動”を猛省「いやークビにならなくて良かった」

10/12(金) 22:17配信

スポーツ報知

 8日の新日本プロレス両国国技館大会でのメインイベントで行われたIWGPヘビー級選手権で「ゴールデン☆ラヴァーズ」の盟友・ケニー・オメガ(34)に惜敗。その日深夜の自身のツイッターで引退をにおわす発言をし、一騒動になっていた飯伏幸太(36)が12日、自身のツイッターで「いやークビにならなくて良かった良かった。次やったら終わりだ。まぁまぁな確率でやらかしそうだけど、気を付けよう。伝説を…残しません!」と反省の弁を述べた。

 飯伏は7日の試合前日会見で「自分のプロレスのキャリアを賭けたいと思います」と宣言したが、オメガに敗れたことを受け、8日深夜、「今日はプロレスのキャリアを賭けました。それは自分だけ賭けるベルトがないし、リスクもないから。でも結局勝てなかった。いや直接負けた。約束は守らなければいけない。プロレスのキャリアを賭けるということは勝てなかったら終わり…。だから…。辞めないといけないということになります」とつぶやき、ファン中心に「まだ夢半ばです。辞めないで下さい」などの悲痛なコメントが殺到していた。

 盟友・オメガも9日、即座に反応。自身のツイッターで「もう二度と飯伏を失いはしない」としていた。

 これらの反応に飯伏は同日、「あぁ、なんか勘違いさせたかもしれません。色々な経験もたくさんしたし、悔しい思いなんかあり得ないくらいしましたよ。でも、すべては信用で成り立っているのです」とコメント。オメガの書き込みに対しても「ケニー!ワタシの日本語はあまり伝わらなかった。訳して下さい。よろしく~」と返答。事実上の“引退”撤回発言をしていた。

 これらの一連の騒動を反省し、新日本プロレスとの契約がクビ(打ち切り)にならなくて良かったと、つぶやいたと見られる今回の発言にファンからは「飯伏さん、お願いしますよ~。あなたのプロレスを見るのだけが生きがいなんですから」「クビになったら、ファンも悲しむのでお気をつけ下さい」「まだまだ飯伏さんのプロレスを見せて下さいね」などの安堵(あんど)のコメントが集まっている。

最終更新:10/13(土) 9:09
スポーツ報知