ここから本文です

【箱根予選会】コースは1・0975キロ延長…開催要項

10/13(土) 6:03配信

スポーツ報知

 第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=来年1月2、3日)の予選会(報知新聞社後援)は13日午前9時35分に東京・立川市の陸上自衛隊立川駐屯地スタート、国営昭和記念公園ゴールの21・0975キロで行われる。前回の本戦10位以内はシード。記念大会のため関東インカレ成績枠として日大の出場が決まり、残る出場枠は11。前回14秒差でシードを逃した順大や平成の駅伝王者・駒大、10年ぶりに本戦出場を逃した明大など39校が争う。

 ▼日時、コース 10月13日午前9時35分、東京・立川市の陸上自衛隊立川駐屯地をスタートする。国営昭和記念公園ゴールの21.0975キロ。

 ▼出場資格 選手登録は1校14人以内。17年1月から18年9月末までに1万メートル34分以内の公認記録を有すること。外国人留学生の出場は各校1人まで。

 ▼競技方法 全選手が一斉スタート。各校、登録選手の中から12人以内が出場し、上位10人の合計タイムで争う。11位までの大学が本戦の出場権を獲得。合計タイムが同じ場合、上位10人の合計順位が少ない大学が上位。さらに並んだ場合、チーム最上位選手の順位が上位の大学が優先される。

 ▼関東学生連合 予選会で敗退した大学の中から個人成績上位者を中心に選考。1校1人に限定し、これまで本戦出場経験がない選手が対象。外国人留学生を除く。本戦ではチーム、個人ともに順位がつかないオープン参加となる。

 ◆関東インカレ成績枠 95回記念大会の特別枠として関東学生対校(関東インカレ)男子1部の14~18年の5大会の総合得点が最も多い大学に出場権が与えられることが14年に決定済み。5大会累計701.5点で2位の順大を185.5点引き離してトップになった日大が「関東インカレ枠」を獲得。前回の予選会で次点の11位に終わったが、今回の予選会免除で2年ぶり88回目の本戦に挑む。

 ◆コース 陸上自衛隊立川駐屯地をスタート、立川市街地を回り、国営昭和記念公園ゴールの21.0975キロ。終盤の公園内は起伏がある難コース。

最終更新:10/14(日) 14:48
スポーツ報知