ここから本文です

安住紳一郎アナのラジオ代打で爪痕 MBS・福島アナにSNSで称賛「思い出を胸に、西へと帰ります」

10/12(金) 21:17配信

オリコン

 TBSの安住紳一郎アナウンサー(45)がパーソナリティーを務める『安住紳一郎の日曜天国』(TBSラジオ 毎週日曜 前10:00)。今月7日の放送では、安住アナが夏休みのためにお休みとなり、ピンチヒッターとして大阪・MBS毎日放送の福島暢啓アナ(31)が出演。その安定感あるトークに、SNSをはじめ全国から称賛の声が上がっている。

【画像】『安住紳一郎の日曜天国』番組ロゴ

 今回の福島アナ出演は、安住アナからの指名により実現。関西では以前より人気のアナウンサーだが、東京のラジオ番組に出演することは初。先月23日の放送では、安住アナが「関西将来性No.1の逸材を先取りして聴いてみるのはいかがでしょうか。本当のピンチヒッターですよ」と期待を寄せていた。

 放送当日、福島アナは「右も左もわからないとはこの事で…。怖いですよ、不安感しか(ない)」と戦々恐々と切り出すも、事前に安住アナから受けた「福島アナのスタイルで」というアドバイス通り、代打であることを感じさせない、落ち着きと安定感あるトークを展開。オープニングでは、自己紹介も織り交ぜながら「大阪と東京の番組のやり方の違い」や「出演に挑むにあたっての心境」などを話していった。

 また、自身が好きな昭和歌謡や民謡を選曲し紹介するなど、31歳とは思えぬその落ち着いたトークと豊富な知識量、巧妙なトークに放送中のSNSでは「面白い」「すごい」「安住アナが指名するのも納得」といった声が続々。ツイッターでは、番組ハッシュタグがたちまち“トレンド1位”となるなど、しっかりと爪痕を残した。

 あさって14日の放送には安住アナが復帰。ピンチヒッターの活躍にどういった言及をするのか注目が集まる。

■福島アナの放送後記(『日曜天国』番組ホームページより)
ピンチヒッターを担当しました
MBSアナウンサーの福島暢啓です。
おのぼりさん気分で楽しい時間を過ごしました。
にち10リスナーの皆様、番組関係者の皆様
本当に有難うございました。
忘れられない思い出を胸に、私は西へと帰ります。
これからもMBS毎日放送をよろしくお願いします。
またお逢い出来る日は、いつになりましょうか。
その時は、よしなに。

最終更新:10/14(日) 13:25
オリコン