ここから本文です

富田林逃走 逃走前の強制わいせつ罪で樋田容疑者を起訴 大阪地検堺支部

10/12(金) 18:42配信

産経新聞

 大阪地検堺支部は12日、大阪府警富田林署から逃走し、加重逃走容疑で逮捕された無職、樋田(ひだ)淳也容疑者(30)が逃走前に逮捕されていた強制性交未遂と住居侵入の容疑について、強制わいせつと住居侵入の罪に切り替えて追起訴した。逃走していた間、勾留が停止していた。加重逃走容疑については調べが続いており、同支部が勾留期限の今月20日までに処分を決める。

 起訴状によると、5月24日未明、大阪市内のマンションに侵入し、20代の女性に包丁のようなものを突きつけて脅迫。胸を触るなどのわいせつな行為をしたとしている。同支部は認否を明らかにしていない。

 樋田被告は盗んだバイクをガレージに保管したとして、盗品等保管容疑で5月に逮捕された。同容疑は不起訴となったが、その後、女性に対する性的暴行やひったくりなどの容疑で再逮捕され、強制性交や窃盗などの罪で2回起訴された。

 さらに、8月8日に強制性交未遂容疑などで逮捕され、富田林署に勾留されていたが同12日夜、同署の面会室のアクリル板を蹴破って逃走。中四国を自転車で転々とするなどしていた。

 9月29日に山口県周南市の道の駅で、食料品を万引したとして窃盗容疑で現行犯逮捕され、いったん釈放された後の同30日、富田林署捜査本部に加重逃走容疑で逮捕された。

最終更新:10/12(金) 20:37
産経新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ