ここから本文です

国民生活センター、スポーツジム等の契約トラブルで注意喚起

10/12(金) 15:04配信

健康産業速報

 国民生活センターは11日、スポーツジム等での契約トラブルが増加しているとして注意喚起を行った。

 スポーツジム、フィットネスクラブ、ヨガ教室、体操教室などに関する2017年度の相談は、前年比10%増の3552件。年々増加傾向にあるといい、今年度上半期は1656件の相談が寄せられている。

 「解約できない」「解約料が高額」といった相談のほか、「90代の母がプロテインを定期購入させられた」という相談があった。

最終更新:10/12(金) 15:04
健康産業速報