ここから本文です

セルジオ越後『相撲界』にモノ申す!「相撲が社会の中にあるということを忘れちゃいけない」

10/12(金) 19:39配信

テレビ東京スポーツ

テレビ東京/追跡LIVE!SPORTSウォッチャー

テレビ東京が運営するスポーツメディア「テレビ東京スポーツ」にて、サッカー解説者のセルジオ越後が様々なスポーツについて語る企画。第一弾は「相撲」。

セルジオ越後ー

今週一番気になったニュースは「相撲」です。

国技であれ、文化であれ、相撲が社会の中にあるということを忘れちゃいけない。日本の中で大事にされている相撲の文化、積み重ねた歴史が脆く崩れてしまったな、というのが率直な印象です。

偉大な横綱がこんなことをやったら相撲が軽く見られてしまうと思うんじゃないかなと感じました。自分の子供を守ろうとした横綱が、自分の子供を預けてしまったことのギャップが歴史が浅くなってきてるんじゃないかな。

日本の相撲は、歴史を守るために「これからどうすればいいのか」という宿題を与えられてしまった。これは小さな問題ではないように感じます。

辞め方をとっても、処分を受けるのはいいけれど、ひとつの看板を背負って国民の支持を得ているのに、どうして自分からこんなに簡単に辞められるんだろう?と思いました。

長く積み重ねて自分の立場を作った大横綱なんだから、最後の最後まで土俵際でもうちょっと頑張ってほしかった。自分が積み重ねたもの、社会に残したかったものが消えてしまったように感じます。

僕らはどちらを応援したらいいのか、どちらがが正しいのか、何があったのか、という根っこがなくなってしまいました。

僕は相撲の歴史や社会に対して与えられる日本人の魂がものすごく薄くなってしまうのではないかと心配です。

テレビ東京/追跡LIVE!SPORTSウォッチャー