ここから本文です

西日本はさわやかな秋晴れ 東日本も天気は回復傾向 北海道と沖縄は雨つづく

10/12(金) 5:52配信

ウェザーマップ

 きょう12日(金)は西日本を中心に晴れる所が多くなる。東日本の天気も回復へ向かうが、すっきりと晴れる所は少なく、北海道と沖縄では曇りや雨の一日となりそうだ。気温は平年並みか低めで、25℃を下回る所が多い見通し。

西日本は秋晴れ 沖縄は雨雲の通り道に

 きょうは大陸から高気圧が張りだしてくるため、西日本では広い範囲で晴れる。乾燥した空気が流れ込むため、湿度が低く、さわやかな秋晴れとなりそうだ。夜にかけて天気の崩れはなく、洗濯日和となる。ただ、前線がかかる沖縄は雨雲の通り道となるため、断続的に雨となる見込み。

東・北日本 天気回復傾向も北海道は不安定

 東日本や北日本には午前5時現在、帯状の雨雲がかかっているが、日中には雨の止む所が多くなりそうだ。ただ、雨が止んだあとも関東や北陸、東北の日本海側では雲が取れにくく、北海道は夜にかけて雨が降ったりやんだりとなりそうだ。北海道では雷を伴う所もあるため、落雷や突風などに注意が必要となる。

気温は全国的に20℃前後 過ごしやすい

 日中の気温は晴れる西日本ではきのうより高くなるものの、それでも暑さはなく、さわやかな陽気となる。最高気温は22℃前後で、何をするにも快適な気温となりそうだ。東日本も東海や甲信では25℃以上の夏日となる所があるが、それも一部で、ほとんどの所は20℃前後。北日本は18℃前後で、この時期らしい気温となる見通し。また、沖縄でも気温があまり上がらず、那覇の最高気温は23℃予想。11月下旬並みの涼しさとなりそうだ。(気象予報士・多胡 安那)

最終更新:10/12(金) 6:18
ウェザーマップ