ここから本文です

管理職になりたくない人が約半数。「女性活躍」や「ワークライフバランス」じゃ割り切れないこと

10/12(金) 17:27配信

BuzzFeed Japan

働いている皆さん、仕事のことでもやもやしたりしていませんか?

仕事と家庭の両立に困ったり、本当にやりたいことってなんだろうって考え込んだり。人生の大事な岐路で何を優先すべきか悩んだり、ただただ何となくやる気が出なかったり…。

BuzzFeed Japanがいまを切り取るニュース番組「Buzz by BuzzFeed」で、10月11日にライブ配信した「『会社に行きたくない。で、どうする?』#働く私のライフハック」では、女性読者の皆さんから寄せられた「仕事のもやもや」を考えました。【BuzzFeed Japan / 伊吹早織】

管理職になりたい?なりたくない?

番組に先立ち、BuzzFeed Japanが10月2~9日に実施したアンケートでは、女性を中心とする10~50代の回答191件が寄せられました。

「管理職になりたいと思いますか?」という問いには、「できるだけなりたくない」(24.4%)と「なりたくない」(23.9%)を合わせて、半数近い回答者が管理職になりたくないと回答。

詳しい理由を聞いてみると、「勤務時間が増えたり、残業代が出なくなったりするばかりでメリットを感じない」「責任だけが増えるので」などの声がありました。

番組では、女性向けエンパワーメント動画サービス「BLAST Inc.」CEOを務める石井リナさんが、新卒で広告代理店に入社した頃を振り返り、こう話しました。

「私も会社員時代は(昇進に)興味がなかったので、共感します。でもそれは自分でスキルを身につけたいとか、個人主義っぽい意味合いで。いまCEOになっているのも、やりたいミッションがあったので、そのために起業する選択をした形です」

同じく経営者で、クラウドファンディングサービス「READYFOR」CEOの米良はるかさんは「管理職になりたい女性、なりたくない女性の両方がいて良い」と話します。

その上で「マネジメントをやりたい人が、ちゃんとやれる道があるといいな」と語ります。

「マネジメントの仕事は大変だし、向き不向きもあります。女性は特に結婚や出産のタイミングを考えたり、育児などでも見えない悩みがすごくあって、働き続けることに不安を感じる人も多いです」

「なので、うちの会社でも安心して働き続けられるように、いろんな制度をメンバーと一緒に設計していかないとなと思っています」

1/2ページ

最終更新:10/12(金) 17:34
BuzzFeed Japan

Yahoo!ニュースからのお知らせ