ここから本文です

いま“メダカ”が大人気、価格高騰で50万円で売り買いも その理由とは

10/12(金) 17:00配信

中京テレビNEWS

 私たちにとってなじみ深い、小川などに生息するメダカ。実は今、このメダカが空前のブームとなっています。

 取材班がやってきたのは、愛知県一宮市にあるメダカの専門店「めだか倶楽部クリーク」。

「だいたい販売しているのが50~60種類です」(めだか倶楽部クリーク 堀田祐二さん)

 そこにいたのは赤色や銀色など、さまざまな色や模様のメダカです。

「メダカは非常に飼いやすい魚で、最近は30代40代くらいのお父さんや、女性もやはり多少増えている感じはしますね」(めだか倶楽部クリーク 堀田祐二さん)

 最近は飼育のしやすさなどを理由に、ペットとしてのメダカに注目が集まり、女性たちからも人気となっています。

 あるホームセンターでは、1週間に100匹以上売れ、売り上げがこれまでの3倍以上になるといった人気ぶり。

「(家では)大人のメダカが10匹くらいと稚魚が20~30匹くらいふ化して元気になっています」(来店客)

 なぜ今、メダカが人気なのでしょうか?

「最近では、いろんな柄物(のメダカ)が出てきたりとか、特殊なものが出きてますんで、ますます人気が上がってきてるんだとは思います」(めだか倶楽部クリーク 堀田祐二さん)
     
 この店でも2年の歳月をかけ、メダカの新たな品種を生み出していました。

 そのメダカがこちら。

 金色に輝く“キリン”という名前のメダカ。5世代交配を繰り返し、現在の美しい金色にたどり着いたといいます。その価格は、なんと3万円(※過去販売した金額)。
    
「おととしぐらいから初めて(金色が出て)、去年から光がきれいにのってきた。うちでは比較的新しいメダカですね」(めだか倶楽部クリーク 堀田祐二さん)

 現在、メダカの品種の数は5年前と比べ、約2.5倍にも増え、希少なものは高値で取引されているといいます。

 昔は、数百円から買うことができたメダカですが、インターネットオークションサイトを見てみると、開始価格が3900円だったのに対し、落札価格がなんと50万円に達したメダカもありました。

1/2ページ

あなたにおすすめの記事