ここから本文です

錦織 フェデラーに敗れ7年ぶり4強ならず、上海マスターズ<男子テニス>

10/12(金) 23:02配信

tennis365.net

ロレックス・上海マスターズ

男子テニスのロレックス・上海マスターズ(中国/上海、ハード、ATP1000)は12日、シングルス準々決勝が行われ、第8シードの錦織圭は第1シードのR・フェデラー(スイス)に4-6, 6-7 (4-7)のストレートで敗れ、2011年以来7年ぶり2度目のベスト4進出とはならなかった。

【錦織 最終戦10位、8日付】

この日、第1・第5ゲームで錦織は四大大会歴代最多20勝を誇るフェデラーにスーパーショットを決められるなどでブレークを許す。第6ゲームではブレークバックに成功したがフェデラーの強打に対応できず、第1セットを落とす。

第2セットに入っても攻撃の手を緩めないフェデラーにリターンエースを決められると、最後はダブルフォルトを犯して第1ゲームでブレークされる。

第2・第4ゲームでは得意のバックハンドでミスを犯してチャンスを活かせなかったが、第6ゲームではミスを誘い出してフェデラーのサービスゲームを破る。以降もネットプレーや強烈なフォアハンドで反撃したが、タイブレークの末にストレート負けを喫した。

今回の敗戦でフェデラーに2014年のゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)から5連敗、対戦成績は2勝6敗となった。

一方、2連覇と3度目の優勝を狙うフェデラーは、準決勝で第13シードのB・チョリッチ(クロアチア)と対戦する。チョリッチは準々決勝で世界ランク51位のM・エブデン(オーストラリア)をストレートで下しての勝ち上がり。

最終更新:10/12(金) 23:02
tennis365.net