ここから本文です

大阪モノレール “眺め良し”の新型車両「3000系」を公開 

10/12(金) 11:53配信

MBSニュース

MBSニュース

 大阪北部を走る大阪モノレールが17年ぶりとなる新型車両「3000系」を公開しました。売りは眺望の良さです。

 大阪モノレールのシンボルカラー、ウルトラマリンブルーとピンクの色が目を引く新型車両3000系が今月21日からの営業運転を前に12日朝、公開されました。移動手段としてだけでなくモノレールならではの高さをいかした眺望を楽しみたいという利用者の声から、窓ガラスの仕切りをなくし、運転席の後ろのスペースの床を一段高くした展望ユニットも新設されています。

 「従来の車両と比べてかなり窓が大きく、開放的なつくりになっています」(山田ひかる記者リポート)

 沿線開発などで大阪モノレールの旅客数は1日あたり13万人あまりと伸びていますが、今後少子化なども懸念され、ニーズを取り込んだ車両の投入で利用者数を維持したいとしています。

MBSニュース

最終更新:10/12(金) 11:53
MBSニュース