ここから本文です

【MLB】大谷翔平がまたもスターの仲間入り! 単独で米野球専門誌の表紙を飾る

10/12(金) 11:04配信

Full-Count

米国の権威ある野球専門誌「ベースボール・アメリカ」の表紙を飾った大谷

 エンゼルスの大谷翔平投手が米国の権威ある野球専門誌「ベースボール・アメリカ」の最新号で表紙を飾ることが明らかになった。同紙はメジャー1年目で二刀流を実現させた大谷を2018年の新人王に選出している。

【写真】大谷翔平がスターの仲間入り! 米野球専門誌「ベースボール・アメリカ」の表紙を飾る!

 過去にはトラウト、ジーターらスター選手が野球専門誌「ベースボール・アメリカ」の表紙を飾っている中、ルーキーイヤーを終えた大谷が仲間入りを果たした。

 同ツイッターは「先週、我々はショウヘイ・オオタニを新人王に選出した。最新号の表紙に彼が載っているよ」と告知。ユニホーム姿の大谷が腕を組み堂々と表紙1面を飾っている写真を公開している。

 大谷は今季、104試合に出場し326打数93安打22本塁打61打点、打率.285の好成績を残し、右肘のケガで投手としては10試合の登板にとどまったが4勝2敗、防御率3.31とメジャーリーグで二刀流旋風を巻き起こした。

 この活躍を称え同紙は以前に「不可能と思われた期待に応え、世界最高峰のレベルで投手、打者として優れた成績を収めた」と最大級の評価を与え新人王に選出していた。

Full-Count編集部

最終更新:10/12(金) 12:40
Full-Count