ここから本文です

年俸880万で大成功、低コスト球団は… 12球団コスパNo1助っ人は誰だ【セ編】

10/12(金) 14:35配信

Full-Count

本塁打王確実のDeNAソトは3300万円、中日ガルシアは5000万円

 2018年のプロ野球もレギュラーシーズンがほぼ終わり、セ・リーグは13日の中日対阪神(ナゴヤD)、パ・リーグは楽天対ロッテ(ZOZOマリン)の1試合ずつを残すのみ。同日にはクライマックスシリーズのファーストステージが始まり、ポストシーズンの戦いもスタートする。

【表】HR王最有力は約3500万円と”格安”対して4億円の大物は… セ・リーグ6球団の外国人選手の年俸早見表

 143試合を戦い抜き、長いシーズンがついに幕を閉じる。今季も数多くのドラマが起きたプロ野球だが、球界を盛り上げてくれたのが、助っ人外国人の存在。各球団で重要な役割を担った選手もいれば、開幕前に寄せられた期待ほどの結果を残せなかった選手も…。そして、シーズン途中に加入し、救世主のごとく活躍した選手もいる。

 果たして、今季プロ野球界でプレーした選手で、最もコストパフォーマンスが良かった助っ人は、どの選手だろう。今季の各助っ人の推定年俸と、今季の成績を振り返ってみたい。今回は広島が3年連続リーグ制覇を成し遂げたセ・リーグ編だ。6球団の全助っ人の成績は以下のようになる。

◯広島(計8人、6億9380万円)
クリス・ジョンソン(3億4500万円)
24試合11勝5敗0セーブ0ホールド 144.2回 防御率3.11

ジェイ・ジャクソン(1億1300万円)
48試合3勝2敗1セーブ25ホールド 45.2回 防御率2.76

ジョニー・ヘルウェグ(3300万円)
7試合0勝0敗0セーブ2ホールド 8回 防御率1.13

レオネル・カンポス(4500万円)
1試合0勝0敗0セーブ0ホールド 1回 防御率0.00

ヘロニモ・フランスア(880万円)
47試合3勝4敗1セーブ19ホールド 65回 防御率1.66

ブラッド・エルドレッド(1億1500万円)
38試合80打数17安打5本塁打14打点 .213 出塁率.330

サビエル・バティスタ(2200万円)
99試合273打数66安打25本塁打55打点 .242 出塁率.308

アレハンドロ・メヒア(1200万円)
22試合41打数11安打3本塁打7打点 .268 出塁率.318

◯ヤクルト(計6人、7億9550万円)
デービッド・ブキャナン(1億4000万円)
28試合10勝11敗0セーブ0ホールド 174.1回 防御率4.03

マット・カラシティー(7800万円)
32試合7勝3敗3セーブ1ホールド 94.2回 防御率4.18

デビッド・ハフ(1億4700万円)
35試合3勝6敗0セーブ7ホールド 94.1回 防御率4.87

ジョーダン・アルメンゴ(7800万円、途中退団)
1軍登板なし

ジェイソン・ウルキデス(1650万円)
5試合0勝0敗0セーブ0ホールド 5.1回 防御率5.06

ウラディミール・バレンティン(3億3600万円)
142試合514打数138安打38本塁打131打点 .268 出塁率.370

1/3ページ

最終更新:10/12(金) 21:23
Full-Count

スポーツナビ 野球情報