ここから本文です

【MLB】ヤンキース、今オフはFA戦線に積極参戦!? マチャド獲りも…米メディア指摘

10/12(金) 22:53配信

Full-Count

マチャド、コービンの獲得に乗り出すと予想 FAするならカーショーも

 地区シリーズで宿敵レッドソックスに1勝3敗と圧倒されて今シーズンを終えたヤンキース。米スポーツ専門局「CBSスポーツ」公式サイトでは、殿堂球団が来季に向けて抱える課題について特集記事を掲載した。投打ともに課題は山積だが、今季成長した若手や有望株は多数いることに言及。さらに、フリーエージェント(FA)市場で獲得を狙うであろう有力選手や、首脳陣の資質の問題まで、多岐にわたって触れている。

【写真集】マチャドの姿も…これぞメジャー級の“美人妻”! MLB球宴前に行われたレッドカーペットの様子を特集

 2009年以来ワールドシリーズ制覇から遠ざかり、今季も100勝してプレーオフに進出したが地区シリーズで敗退。10年も世界一から離れているヤンキースは何を改善すればいいのか。記事では、課題を4つにまとめている。

 最初の課題は、今オフのFA市場でヤンキースが「惜しまずにお金を使うかどうか」だという。今オフはブライス・ハーパー(ナショナルズ)、マニー・マチャド(ドジャース)、パトリック・コービン(ダイヤモンドバックス)らメジャーを代表する選手が数多くFAとなる。これは前年から予測されていたことで、昨オフは多くの球団が支出を抑えた。ヤンキースも例に漏れず、今季年俸総額はぜいたく税支払いの上限である1億9700万ドル(約221億2200万円)を下回る1億7960万ドル(約201億6800万円)で、30球団中6位にまで抑えた。

 記事では、マチャドとコービンはチーム事情にフィットすると指摘。その根拠が、3番目、4番目の課題にかかわってくる。

 3番目の課題とは、CC・サバシアとブレット・ガードナーという、投打のベテラン選手の処遇だ。地区シリーズ第4戦では3回5安打3失点と踏ん張り切れなかった38歳のサバシア、俊足ながら今季打率.236、12本塁打、16盗塁と衰えが見える35歳のガードナーを、球団がどう扱うか。サバシアは今季終了でFAとなり、ガードナーは球団が1250万ドル(約14億円)の契約オプションを持っているが、行使するかどうかは微妙だ。ただ、2人とも投手・野手のリーダーとしての存在感はあり、球団がどんな判断を下すかは興味深いところだ。

 もし現役続行を宣言しているサバシアと再契約しない場合、ヤンキース先発ローテで確実なのはセベリーノと田中将大だけだと指摘。今季不振だったグレイはトレード放出される可能性が高く、途中加入した左腕ハップはFAとなる。その場合、若手有望株に期待すると同時に、FA市場ではコービン、さらには契約をオプトアウトしてFAになった場合のカーショーの獲得を目指すことになるだろう。

1/2ページ

最終更新:10/12(金) 23:47
Full-Count

あなたにおすすめの記事