ここから本文です

ヒョードル撃破ミトリオンとベイダー体重差11キロ

10/12(金) 20:20配信

日刊スポーツ

米総合格闘技のベラトール207大会は12日(日本時間13日)、米コネティカット州アンカスビルで開催される。同団体のヘビー級GP準決勝がメインイベント。

11日(同12日)には同地で前日計量が開かれ、同準決勝で対戦するマット・ミトリオン(40)とライアンベイダー(35=ともに米国)が出席した。ミトリオンは255ポンド(約115・6キロ)、ベイダーは229・5ポンド(約104キロ)でパス。ミトリオンが11キロ以上も重いことが判明した。

ミトリオンは17年6月に元PRIDEヘビー級王者エメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア)を下した。ベイダーは1階級下のライトヘビー級で、ベラトール王座を獲得した。階級の違う元UFCファイター同士の激突ながらも注目が集まっている。

最終更新:10/13(土) 17:18
日刊スポーツ