ここから本文です

Rモータースポーツ、2019年からアストンマーチンでのDTMドイツツーリングカー選手権参戦を正式表明

10/12(金) 2:24配信

オートスポーツweb

 スイスのレーシングチームであるRモータースポーツとDTMドイツツーリングカー選手権は10月11日、2019年からRモータースポーツが、アストンマーチン・バンテージをベースとしたマシンで参戦すると発表した。DTMは18年限りでメルセデスAMGが撤退することが決まっていたが、これで3メーカーによる争いが保たれることになった。

【ブランパンGTシリーズを戦うRモータースポーツのアストンマーチン】

 11日、Rモータースポーツは自チームのTwitter上で、そしてDTMはホームページ上で、これまで噂に上がっていたアストンマーチンのDTM参戦を正式に発表した。RモータースポーツはスイスのAFレーシングをベースに生まれたレーシングチームで、今季はブランパンGTシリーズにアストンで参戦。アストンマーチン・ラゴンダ社とは密接な関係にある。

 来季に向けRモータースポーツは、ライセンスサポートをアストンマーチンから、そしてメルセデスAMGを走らせていたドイツのHWA AGと協力関係を結び、バンテージのDTMマシンを走らせる。現在AFレーシングとHWAでマシンを開発中で、19年の可能な限り早い段階で参戦を開始する。ただし現段階では参戦台数とドライバーは明らかにされていない。

「アストンマーチンのような高級スポーツカーブランドが我々のシリーズに参戦を決めたのは歴史的なことだ」とDTMを運営するITR e.Vのゲルハルト・ベルガー代表はコメントした。

「ITRと、スーパーGTを運営するGTAの国際的な協力、そしてアストンマーチンのDTM参戦への決定は、さらなるメーカーに効果をもたらすだろうと確信している」

 また、参戦を決めたRモータースポーツ共同代表のフロリアン・カーメルガー博士は「アストンマーチンとともに、国際的なトップカテゴリーに参加することができて喜んでいる」とコメントした。

「プレミアムメーカーと競合していくことは、我々のブランドの大きな課題だ。シリーズの新しい技術規則と国際的な方向性が、我々の決定に大きな役割を果たした」

 この決定に対しては、アウディを率いるディーター・ガス、BMWのイェンス・マルカルトもコメントを発表し、「DTMへようこそ! アストンマーチン」と好意的に受け止めている。

 アストンマーチンのワークス参戦という形ではないが、これで結果的にDTMには3つのブランドのマシンが戦うことになり、これでスーパーGT GT500クラスとの“クラス1”は6ブランドが保たれることになりそうだ。2019年はDTMとGT500の交流戦も検討されており、早ければ19年にはアストンマーチン・バンテージDTMが日本でも観られるかもしれない。

[オートスポーツweb ]

あなたにおすすめの記事