ここから本文です

米国防総省:ロッキードF35戦闘機、一時飛行禁止に-墜落事故受け

10/12(金) 1:30配信

Bloomberg

米国防総省はロッキード・マーチンの戦闘機、F35の一時的な飛行禁止を命じた。初の墜落事故の発生を受け、フリート全体で検査を実施する。

国防総省は11日の声明で、「F35全機種でエンジン内部の燃料管」の検査をフリート全体で行えるようにするのが目的だと述べた。9月28日に「サウスカロライナ州ビューフォート付近で墜落したF35B機に関し、継続している調査の初期データ」に基づく判断だという。F35BはF35の海兵隊版。

国防総省F35担当部署のジョー・デラベドバ報道官は、検査は「24-48時間以内に完了の見込みだ」と述べた。現時点では少なくとも320機のF35が世界15基地を拠点に稼働している。

ロッキード株は11日の米市場で一時、前日比2.2%下げた。

原題:Lockheed’s Troubled F-35 Grounded by Pentagon After First Crash(抜粋)

Anthony Capaccio

最終更新:10/12(金) 1:30
Bloomberg