ここから本文です

純也も2戦連発!国内組の意地 定位置獲り猛アピール

10/13(土) 6:00配信

スポニチアネックス

 ◇国際親善試合 日本3―0パナマ(2018年10月12日 デンカS)

 定位置確保に燃えるMF伊東が、2戦連発で猛アピールだ。後半20分、原口のパスを南野にワンタッチではたくと、そのシュートのこぼれ球に反応。一度はDFにはじかれたが、バウンドしたボールを再度執念で押し込んだ。「ラッキーな形だったけど、ゴールできて良かった」。W杯ロシア大会の主力、欧州で活躍する若手が特に注目される中、「Jリーグでもできるところを見せたい」という国内組の意地を見せた。

 森保ジャパン初先発を果たしたが、後半30分すぎに右足首にファウルを受けて担架で運ばれ途中交代。13日には検査を受ける。ゴールにも満足せず「結果以外のところで、もっと自分の持ち味を出せるところはあった。後半、うまく抜けて仕掛ける場面をもっと出せれば良かった」と振り返った。