ここから本文です

<唐沢寿明>「ハラスメントゲーム」で井上由美子と再タッグ 「白い巨塔」の思い出も

10/14(日) 8:10配信

まんたんウェブ

 俳優の唐沢寿明さんが主演の連続ドラマ「ハラスメントゲーム」が、テレビ東京系のドラマ枠「ドラマBiz」(毎週月曜午後10時)で15日から放送される。スーパー業界の老舗のコンプライアンス室長としてハラスメント問題を解決していく……というストーリーだ。社会的に注目のハラスメントを扱う同作に挑む唐沢さんに話を聞いた。

【写真特集】唐沢寿明 知的なメガネ姿も どんなキャラを作ってくるのか…

 ◇面白くなるという確信に近いものがある

 ドラマは、脚本家の井上由美子さんの小説(河出書房新社)が原作で、スーパー業界の老舗マルオーホールディングスの富山支店長だった秋津(唐沢さん)が主人公。秋津は、ある事情から左遷されて地方にいたが、コンプライアンス室長として本社に呼び戻されると、社内のさまざまなハラスメント問題を奇抜なアイデアと手法で解決していく。

 秋津と過去に因縁があって敵対していく“ライバル”的な位置付けの常務・脇田治夫を高嶋政宏さん、マルオーホールディングス3代目社長・丸尾隆文を滝藤賢一さん、広報&IR担当取締役で社長失脚を狙って画策をする水谷逸郎を佐野史郎さんが演じる。

 唐沢さんは「主人公はスーパーマンではないですが、戻ってくる前は活躍していた人ですから当然能力はある」と説明する。ドラマについて「みんなで同じ方向を向いて面白い作品を作ろうとなっている。面白くなるという確信に近いものがあるし、他の俳優さんとの演技も楽しみ」と意気込んでいる。

 ◇「白い巨塔は、僕もいろいろな意味で本当に苦しかった」

 脚本も原作者の井上さんが担当。唐沢さんと井上さんのコンビといえば、2003~04年に放送され大ヒットを記録した連続ドラマ「白い巨塔」(フジテレビ系)が浮かぶ。

 「白い巨塔は、僕もいろいろな意味で本当に苦しかった」と当時を振り返る唐沢さんは、「ドラマが始まる前から新聞にも書かれたからね。『やれるわけがない。(白い巨塔の2作目で財前五郎を演じた)田宮二郎さんを超えられるわけはない』とね。別に超えようとしてないけれどね」と苦笑い。

1/2ページ

最終更新:10/14(日) 8:10
まんたんウェブ