ここから本文です

<アニメ質問状>「転生したらスライムだった件」 三上悟(転生前)はイケメンである!? 今後はテンポアップ

10/14(日) 12:30配信

まんたんウェブ

 話題のアニメの魅力をクリエーターに聞く「アニメ質問状」。今回は、小説投稿サイト「小説家になろう」で人気のライトノベルから生まれたテレビアニメ「転生したらスライムだった件」です。バンダイナムコアーツの杉本紳朗プロデューサーに作品の魅力を語ってもらいました。

【写真特集】転生前の“イケメン”な姿 話題のゴブリンも 衝撃の「転スラ」カットを一挙公開

 --作品の概要と魅力は?

 本作は、37歳のサラリーマンが通り魔に刺されて死亡し、スライムとして異世界に転生するところから物語が始まります。主人公は異世界でリムルという名を得て、新しい人生(スライム生)がスタートするのですが、異世界には人間を含む多種多様な種族が生活しており、彼らとの交流や戦いを経て、リムルを中心とした新しい国作りが行われるようになっていきます。

 リムルとその仲間たちの、時に楽しく、時に激しく、時に悲しい物語は、視聴者の皆様に元気とパワーを与えてくれるはずです!

 --アニメにするときに心がけたことは?

 アニメ化についてはできる限り原作に忠実になるよう心がけつつ、ただなぞるだけではなく、原作コミックをベースに原作小説のエッセンスを入れたり、アニメとして見やすいシナリオを目指しています。映像についても「楽しく動く」ことを意識しながら制作が進んでいます。

 第1話冒頭の転生前後のシーンは、特に映像化が難しかったところですが、菊地康仁監督、中山敦史副監督、グラフィックデザイナーの生原雄次さんのアイデア勝負で素晴らしい映像に仕上がりました。

 --作品を作る上でうれしかったこと、逆に大変だったことは?

 うれしかったことは、原作が好きなメンバーが自然と集まってチームができていることです。原作の伏瀬先生、川上泰樹先生にとても細やかに監修いただいていることも相まって、チームが同じ方向を向いて制作にあたることができています。制作現場の楽しい雰囲気を、フィルムを通して感じていただけたらうれしいです。

 大変だったことは、(リムルの転生前の)三上悟のキャラクターデザインでしょうか。初めはやぼったい感じのデザインだったのですが、伏瀬先生からもっとイケメンです、とリテークが入り……。「三上悟はイケメンである」というイメージを制作陣で共有することに一番時間がかかりました(笑い)。

1/2ページ

最終更新:10/14(日) 12:30
まんたんウェブ