ここから本文です

ソフトBミランダ 球団初外国人CS初戦先発「負けられない」

10/13(土) 6:00配信

スポニチアネックス

 ◇パ・リーグCSファーストS第1戦 ソフトバンク―日本ハム(2018年10月13日 ヤフオクD)

 必勝を期す工藤監督から初戦を託されたのは、ソフトバンクの左腕ミランダだ。この日はキャッチボールなどで調整。ファーストS突破後のファイナルSも見据えての起用となり「うれしいし、光栄。短期決戦は負けられない。レギュラーシーズンとの違いを感じるかもしれないが、順応していければ」と力を込めた。

 今季途中加入ながら8月18日のオリックス戦で来日初先発初勝利を挙げ、6勝1敗と後半戦の巻き返しをけん引。同25日の西武戦では9回先頭の秋山に右越え単打されるまで無安打投球と圧巻の内容だった。「落ちる球や真っすぐ、全部出し切って勝負して、チームの勝利に貢献したい」と話した。

 プレーオフ時代も含め、CSの初戦で外国人投手が先発マウンドに立つのは球団初。工藤監督は抜てきについて「安定感。持ち球と相手の特長を考えたときに、チームの勝利に導いてくれる確率が高いと思った」と説明。助っ人左腕が下克上のスタートダッシュを決める。