ここから本文です

山根明前会長“進路”の悩み明かす ボクシングか芸能界か…「今ちょっと悩んでる」

10/13(土) 19:14配信

デイリースポーツ

 日本ボクシング連盟の前会長で、助成金流用やパワハラ、反社会的勢力との交際で辞任した、“歴史の男”こと山根明氏(79)が13日、都内で行われたタレントのデヴィ夫人が開催したチャリティーパーティー「ザ グランド インペリアル チャリティ バンケット」に出席した。

 関西のテレビ番組で一緒になったことが縁で、夫人が山根氏を招待。「私のファンでいらっしゃるそうで」と紹介した夫人に対し、蝶ネクタイ姿で登場した山根氏は「最高ですよ。男冥利に尽きます。ボクシング界を代表してではなく、男・山根として招待してもらった」と、感無量の様子で話した。

 良くも悪くも強烈なキャラクターで一躍時の人となった山根前会長。今後の人生の歩み方について悩んでいるようで、「色んな人から芸能界に、という意見もある」としつつ「まだ僕自身、ボクシングに対して残っている思いがある。今ちょっと悩んでいる」と、告白した。芸能界側からのオファーもあるようで「僕自身、人間は90歳になろうが100歳になろうが勉強やと思ってる。芸能界で生きるんやったら、生きるようにしていただいて、また勉強する気でその世界にいきたい」と、揺れる心を明かした。

最終更新:10/14(日) 10:30
デイリースポーツ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ