ここから本文です

【京都4R新馬】牧田厩舎ゆかりのザッハトルテの子ザイツィンガー快勝!牧田師「母をほうふつさせる末脚」

10/13(土) 12:39配信

スポーツ報知

 10月13日の京都4R新馬(ダート1200メートル=15頭立て)は、3番人気のザイツィンガー(牡、父ドリームジャーニー=栗東・牧田和弥厩舎)が中団から差し切って勝利した。勝ち時計は1分14秒0。

 出負けしたが、二の足良くすぐに中団に取り付いた。そこからも上々の行きっぷりで、4コーナーでは先行集団の直後で抜群の手応え。直線での追い出しに好反応で脚を伸ばして差し切り、余裕を持って2着に2馬身半差をつけた。藤岡康太騎手は「調教から動きが良かったので、ゲートをうまく出てくれなかったけど、焦らずにじっくり出していきました。二の足のスピードがあるので、いい位置が取れました。追い出してフラフラしていたようにまだ若いところがあるけど、今日は能力で勝ってくれました」と素質を評価した。

 オープンまで出世した母のザッハトルテも管理した牧田調教師は「お母さんをほうふつさせるような走り、末脚でしたね。いい脚で、調教通りでした。芝でもいけそうな感じ。今後が楽しみです」と、ゆかりの血統馬の成長に期待した。

 2着には5番人気のパワープラント(水口優也騎手)が入り、1番人気のレサイヤ(武豊騎手)が3着だった。

最終更新:10/14(日) 23:55
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ