ここから本文です

魚も大好き!ココリコ田中が熱弁「下の世代に豊かなシーフードをつなごう」

10/13(土) 14:25配信

スポーツ報知

 お笑いコンビ「ココリコ」の田中直樹(47)が、13日、京都市中央市場で開かれた「楽しく学べる!持続可能なおさかなトークショー」にMSC(海洋管理協議会)アンバサダーとして出席。「海を守る意識を知ってもらいたい」と熱弁をふるった。

 東京、大阪など5都市でこの日始まった「サステナブル・シーフード・ウィーク2018」(21日まで)の京都開幕イベント。過剰漁獲が問題化される中、持続可能な水産資源の利用を呼びかけるキャンペーンの一環として、動物に関する著書もある“生き物LOVE芸人”田中がレクチャーに参加した。

 海の生物ではサメ好きで知られる田中は、今年7月にMSCアンバサダーに就任。「魚の数は40年前より40%も少なくなっている」と説明し、天然漁業を対象にしたエコラベル「MSC」が付いた商品などを来場者約100人にPR。「下の世代に豊かなシーフードをつなげられるよう、この活動を少しでも知ってもらえれば」と訴えた。

 自身の好物はサケで「遡上(そじょう)して帰ってくるのがドラマチック。切り身からストーリーを想像しています」。魚の数とは逆に、芸人の数は増え続けているが、“持続可能”な生き残り術については「泳ぎ続けること」と話し、夫のグランジ・大(38)と夫婦で出席した椿鬼奴(46)は「本人の気持ち。心が折れないこと」と、しみじみ語った。

最終更新:10/15(月) 4:55
スポーツ報知