ここから本文です

台風の影響で“藁集め”に苦労も…注連縄作りが最盛期 三重・熊野市

10/13(土) 12:10配信

東海テレビ

 三重県熊野市では、早くも来年用の注連縄づくりが最盛期を迎えています。

 熊野市飛鳥町の作業場では、地元のお年寄りのグループが連日、注連縄づくりに精を出しています。

 今年は台風の影響で藁を集めるのに苦労したそうですが、慣れた手つきで丁寧に仕上げられる注連縄は例年通りの仕上がりだということです。

 注連縄づくりは11月末まで続き、およそ1万5000本が地元のスーパーなどに出荷されます。

東海テレビ

最終更新:10/13(土) 17:30
東海テレビ