ここから本文です

「原稿料支払いの機会減った」新潮社社長が謝罪

10/13(土) 7:38配信

読売新聞

 新潮文芸振興会が主催する小林秀雄賞と新潮ドキュメント賞の贈呈式が12日、東京都内のホテルで行われ、あいさつに立った新潮社の佐藤隆信社長は、性的少数者(LGBT)に関する論考で批判を浴びた月刊誌「新潮45」の休刊に触れ、「(執筆者の)みなさんに原稿料をお支払いするチャンスがまた減ってしまったということで大変申し訳なく思っております」と謝罪した。そのうえで「タブーなくこれからもしっかりとした言論活動をしてゆく」と述べた。

最終更新:10/17(水) 0:13
読売新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ