ここから本文です

欧州CLで八百長疑惑…「自チーム大敗に賭け」

10/13(土) 10:58配信

読売新聞

 【パリ=作田総輝】フランスのスポーツ紙レキップなど複数の仏メディアは12日、サッカー欧州チャンピオンズリーグ(CL)の試合に八百長の疑いがあり、仏司法当局が予備捜査を始めた、と報じた。

 報道によると、疑惑が浮上したのは、パリで今月3日にあったパリ・サンジェルマン(PSG)とレッドスター(セルビア)の一戦。試合の数日前、「レッドスター幹部が選手と共謀し、自身のチームが5点差で敗れるとの予想に500万ユーロ(約6億5000万円)を賭けようとしている」との情報が欧州サッカー連盟(UEFA)に寄せられ、UEFAは仏当局に通報した。

 試合は、レッドスターが1―6で敗れた。両チームは12日、「不正は行っていない」との声明を出した。

最終更新:10/14(日) 23:16
読売新聞