ここから本文です

巨人が先勝!江本氏「シーズン中に見たことのない試合運び」

10/13(土) 21:40配信

ベースボールキング

セCSファーストステージ第1戦
● ヤクルト 1 - 4 巨人 ○
<10月13日 神宮>

 3位・巨人が、2位・ヤクルトに勝利し、ファイナルステージ進出に王手をかけた。

 巨人は1-1の3回、坂本勇人のソロで勝ち越すと、1-0の7回には無死一塁から陽岱鋼の打席で、エンドランを敢行。陽岱鋼の当たりで、一塁走者・長野久義が生還した。続く小林誠司が犠打を決め、一死三塁とすると、代打・亀井善行の当たりはセンター、セカンド、ライトの前にポトリと落ちるタイムリーとなった。

 投手陣も先発・今村信貴が4回2/3を1失点に抑えると、5回途中から上原浩治が1回1/3イニングを無失点のリリーフ。7回からは畠世周、山口俊のリレーで逃げ切った。

 13日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター CSファーストステージ ヤクルト-巨人戦』で解説を務めた江本孟紀氏は「今までジャイアンツはこんな試合をしていたら、優勝までもいかなくても、良いゲームをしていたんではないでしょうか。やっとここで巨人らしい試合ができたんじゃないですか。シーズン中に見た事のないような試合運びですよね」とコメント。

 エンドランでの追加点には「ほとんど見た事ないですよね」と話し、継投については「(シーズン中は投手交代が)遅いんですけどね。思いっきりよく上原を使った。私は危ないと思って見ていたんですけど、見事にハマりましたね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING