ここから本文です

青山敏弘「パスはイメージ通りだった」先制アシスト

10/13(土) 0:08配信

日刊スポーツ

<サッカー国際親善試合:日本3-0パナマ>◇12日◇デンカS

森保一監督(50)が率いる日本代表は、MF南野拓実(23=ザルツブルク)、MF伊東純也(25=柏レイソル)の2戦連発弾などでパナマに快勝した。出場選手のコメントは以下の通り。

【写真】ヘディングで競り合う青山

  ◇   ◇

FW大迫勇也(28=ブレーメン) 手探りの状態はありました。次ですね。チームの半数が変わっているので、正直、ボールの持ち方、タイミング、角度、距離感…まだまだな所がある。でも、かみ合えばうまくいくのは確実。次の試合が楽しみ。

DF室屋成(24=FC東京) ある程度、攻撃面でチャンスがあった。アシストだったりゴールに絡めれば良かった。

MF青山敏弘(32=サンフレッェ広島) (南野の先制点をアシストし)いいポジションを取ってくれていたので出しただけ。パスはイメージ通りだった。失点を0に抑えたのはポジティブにとらえたい。ただ、ミスも多かったですし、(ボールが)前に入った時のリズムがなかった。ただ、大事なのは結果。次にどうつなげていくか。

最終更新:10/14(日) 22:36
日刊スポーツ