ここから本文です

工藤監督「鈍ることなく決断できた」継投で初戦勝利

10/13(土) 20:12配信

日刊スポーツ

<パCSファーストステージ:ソフトバンク8-3日本ハム>◇第1戦◇13日◇ヤフオクドーム

【写真】4回表日本ハム2死満塁、近藤を空振りの三振に仕留め気合の入った表情を見せる武田

ソフトバンクが救援陣の活躍で初戦を快勝した。先発ミランダが4回に3連続四球で2連続押し出し。3点目を失ったところで工藤公康監督(55)はミランダをあきらめ武田を投入。4点差で1発出れば同点の1死満塁のピンチで大田を三ゴロ、近藤は空振り三振で切り抜けた。

工藤監督は「武田のカットボールは狙っていてもそうは打てない。内野ゴロの確率も高い。あそこは鈍ることなく決断できた」と起用の意図を説明した。

武田は6回まで2回2/3を無失点。7回は石川、8回加治屋、9回森と無失点リレーを完成させた。武田、石川とシーズン中は先発ローテーションに入っていた右腕2人を中継ぎにまわしリリーフ陣は充実。初戦に勝ち、日本ハムに王手をかけた。

最終更新:10/14(日) 21:46
日刊スポーツ

Yahoo!ニュースからのお知らせ