ここから本文です

巨人坂本V弾&上原好投でCS先勝 ヤクルト土俵際

10/13(土) 21:06配信

日刊スポーツ

<セCSファーストステージ:ヤクルト1-4巨人>◇13日◇神宮

レギュラーシーズン3位巨人が接戦を制し、CS初陣を先勝した。これで巨人は広島と対戦するCSファイナルステージ進出へ王手をかけた。

【写真】5回途中2番手で登板し力投する上原

巨人は1回1死二、三塁、4番岡本の右犠飛で先制。巨人戦8連勝中のヤクルト先発小川から貴重な先取点を奪った。

1点を追うヤクルトは2回2死二塁に中村の適時中二塁打で追いついた。

巨人は1-1の3回1死に坂本が左翼席へ勝ち越しソロを放った。

巨人は5回2死二塁で、先発今村から上原を投入。山田哲人に変化球で空振り三振に仕留め、一打同点のピンチを脱した。上原は6回も続投し、2三振を奪うなど3者凡退に抑えた。

巨人は7回無死、陽岱鋼の左中間への二塁打で一塁走者の長野が一気に生還。ヤクルト先発の小川は6回3分の1、4失点で降板し、ハフに交代した。巨人は代打亀井の適時打でさらに1点を加えて、リードを3点に広げた。

巨人は7回に畠、8回から2イニングを山口俊で締めくくった。

勝った巨人は3年ぶりCSファイナルステージ進出へあと1勝とした。

敗れたヤクルトはCSファイナルステージへ残り2試合一戦も落とせなくなった。

第2戦目の先発はヤクルト原樹理、巨人菅野。

最終更新:10/14(日) 21:43
日刊スポーツ