ここから本文です

【秋華賞予想】久々でも素直にアーモンドアイの実績を信頼/JRAレース展望

10/14(日) 6:00配信

netkeiba.com

 どんな場合でも世代限定の秋のGI競走を予想する上でのポイントは1つだけ。春の実績馬と、夏を境に力を付けてきた馬との比較だ。

 今回でいえばアーモンドアイ・ラッキーライラック・カンタービレ VS ミッキーチャーム・プリモシーン・サラキアという図式になるのだろうが、夏の上がり馬たちに春の桜花賞・オークスでアーモンドアイが見せたパフォーマンスを超える様なインパクトを感じた馬はいなかった。

 オークス以来というぶっつけローテーションは不安だが、勝てば史上5頭目という三冠牝馬になる◎アーモンドアイほどの馬を使ってくる以上、中途半端な状態ではないはず。桜花賞で見せた切れ味、オークスで見せた自在性。鞍上には、春の2冠でコンビを組んだC.ルメール騎手を配してのエントリーなら、素直に実績を信頼したい。

 相手には昨年の最優秀2歳牝馬で、桜花賞2着、オークス3着の○ラッキーライラック。この馬もまたオークス以来の実戦で、しかもアクシデントで前哨戦を使えなかったのはマイナスだ。しかし、今回のメンバーで、この馬が先着を許したのはアーモンドアイのみ。この馬の先行力は内回りコースでは大きな武器になりそうだ。

 夏の上がり馬という意味では混戦に強そうな▲サラキアに白羽の矢を立てたい。ゲートに課題を残す馬だが、最後は必ずといってよいほどに差を詰めてくる。有力馬が早めの競馬を意識するようなら、この馬の瞬発力は怖い。

 重賞2勝の△カンタービレも先行力を武器にする馬だが、今回は目標にされる存在になりそうだ。それなら、無欲の追い込みにかけそうな△プリモシーンの食い込みも怖い。ほかでは実績不足は承知のうえで△ダンサールに一発の魅力を感じる。

最終更新:10/14(日) 6:00
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事