ここから本文です

【WEC 第4戦 富士6時間】富士でル・マンeスポーツやeバイクが楽しめる

10/14(日) 9:46配信

Impress Watch

 富士スピードウェイ(静岡県駿東郡小山町)で開幕した「2018-2019 FIA 世界耐久選手権 第4戦 富士6時間耐久レース(2018-2019 FIA World Endurance Championship Round 4 6 Hours of Fuji)」(以下、富士6時間)では、さまざまな併催イベントが、グランドスタンド裏のイベント広場で開催されている。

【この記事に関する別の画像を見る】

■ル・マンeスポーツ体験会

 比較的大きなスペースを用いて行なわれているのが、ル・マンeスポーツの体験会。ル・マンeスポーツについての詳細は、同シリーズのWebサイトを見ていただくのが早いが、マイクロソフトのForza Motorsport 7を用いて、WEC(世界耐久選手権)同様に世界的なシリーズ戦を行なおうというもの。富士の名前を冠したタイトル戦は終わっているものの、そのeスポーツ体験ができる試遊台が用意されている。

 Forza Motorsport 7の収録サーキットの関係で鈴鹿サーキットが用いられているものの、本格的なバケットシートや43インチのスクリーンで没入度は高め。ル・マンeスポーツのWebサイトに登録して楽しめるようになっていた。

■広いコースでeバイクの試乗が可能

 ル・マンeスポーツ体験会以上に大きなスペースで開催されていたのが、eバイク&スポーツバイクパーク。eバイクはヨーロッパで大きなトレンドとなっている自転車で、電動で人によるこぐ操作をアシストするもの。つまり電動アシスト自転車のことだ。

 もともと電動アシスト自転車はヤマハ発動機が25年前の2013年に世界で初めて開発。日本では軽快車(シティサイクル、ファミリーサイクル、ママチャリとも)において普及し、すでに日常の風景になっていたものだ。この電動アシスト機構がここ数年世界各国で開発が進み、スポーツ自転車にも採り入れられるようになってきた。とくにヨーロッパにおいてスポーツ自転車の市場がeバイクとして急拡大し、その流れが逆に日本に入ってきている。

 富士スピードウェイでは、そうしたスポーツタイプや折りたたみタイプなど従来にない形のeバイクの試乗機会を用意。ヤマハ発動機はもちろん、ベネリ、ミヤタなどが参加。自転車のコンポーネントでは世界最大メーカーのシマノも、eバイクコンポーネントを展示し、来場者の理解に努めていた。

 これらeバイクの試乗をイベント広場でできたほか、北ゲート上には坂道も用意されており、そちらでは坂道を楽々登ることができるeバイクの実力を試せるとのことだ。

Car Watch,編集部:谷川 潔

最終更新:10/14(日) 9:46
Impress Watch