ここから本文です

歴代「プリキュア」シリーズ15作品まとめ ストーリーや特色を一挙おさらい!【HUGプリ登場記念】

10/14(日) 10:40配信

アニメ!アニメ!

10月14日放送の女児向け人気アニメ『HUGっと!プリキュア』第36話と第37話において歴代プリキュアが登場する。映画では恒例の歴代プリキュアの共演だが、テレビシリーズでは初となる。

大きな写真で詳しく見る

(C)ABC-A・東映アニメーション

『プリキュア』シリーズは、どこにでもいる普通の少女が要請に助けを求められて伝説の戦士「プリキュア」に変身し、妖精や人間の世界を脅かす悪の組織を倒して平和を取り戻すまでが描かれている。2004年の第1作を皮切りにこれまで15のプリキュアの物語が展開されている。

今回登場するのは、第1作『ふたりはプリキュア』からキュアブラックとキュアホワイト、第2作『ふたりはプリキュア MaxHeart』からシャイニールミナス、第4・5作『Yes!プリキュア5(Yes!プリキュア5 GoGo!)』からキュアドリーム、第6作『フレッシュプリキュア!』からキュアピーチ、第13作『魔法つかいプリキュア!』から3人全員、第14作『キラキラ☆プリキュアアラモード』の6人全員、合わせて14人だ。

現在のプリキュアは総勢55人。せっかくなので、アニメ放送前に妖精と変身アイテムがキーワードのプリキュア歴代15作品のストーリーを振り返って見よう。

■第1作『ふたりはプリキュア』全49話(2004年2月1日~2005年1月30日放送)

(C)ABC-A・東映アニメーション

キュアブラック:美墨なぎさ
キュアホワイト:雪城ほのか

世界を闇に染めるため悪の組織ドツクゾーンが、7つのプリズムストーンを奪うために「光の園」(妖精の世界)を侵略。妖精のメップルとミップルはなんとか残り2つのプリズムストーンを携えて「虹の園」(地球)に逃げ込み、ベローネ学院女子中等部2年生・美墨なぎさと雪城ほのかに出会う。妖精たちによって伝説の戦士プリキュアへ変身する力を与えられた2人が、それぞれキュアブラックとキュアホワイトとして追いかけてきた怪物たちと戦うことになる。

記念すべきシリーズ第1作は、これまでの女児向けアニメではスタンダードとも言える魔法のステッキなどを使った戦いではなく、プロデューサーの鷲尾天氏による「女の子だって暴れたい!」のコンセプトに沿って徒手空拳による肉弾戦を描いた。

ディレクターには『ドラゴンボール』『エアマスター』などを手がけたでダイナミックな演出を得意とする西尾大介が起用され、バディを組んで戦うというのも本シリーズならではの特徴で、アクションものと合わせて以後のシリーズでも引き継がれている。

■第2作『ふたりはプリキュアMax Heart』全47話(2005年2月6日~2006年1月29日放送)
キュアブラック:美墨なぎさ
キュアホワイト:雪城ほのか
シャイニールミナス:九条ひかり

第1作の続編の立ち位置であるため、なぎさとほのかが引き続き登場する。
ドツクゾーンとの戦いを終えて3年生に進級したなぎさとほのかは、勉強や部活と普通の尾女の子としての日常を送っていた。しかし、光の園では先のジャアクキングとの戦いで傷ついたクイーンが12のハーティエルに分裂してどこかに消えてしまう事件が起きる。さらに、虹の園でもジャアクキング復活をもくろむ四天王が再び集結していた。

この危機になぎさとほのかは再びプリキュアとして戦うことを決意し、3人目の戦士シャイニールミナスに覚醒した九条ひかりを新たな仲間に加えて、クイーンを元の姿に戻すためにハーティエルに集めていく。

■第3作『ふたりはプリキュア Splash Star』全49話(2006年2月5日~2007年1月28日放送)
キュアブルーム:日向咲
キュアイーグレット:美翔舞

第3作では世界観はそのままにストーリーとメインキャラクターが一新された。女児アニメにおいて、メインキャラクターを一新することは前例があまり見られなかったこともあり、一つの挑戦と言えた。ディレクターも小村敏明氏に変わったことで、世界観が柔らかくなり、シリーズの表現のバリエーションが広がったと評価されている。

海原市立夕凪中学校に通う2年生の日向咲は、幼い頃に「大空の樹」で妖精を見たものの引っ越しで離ればなれになった美翔舞と5年ぶりに同じ場所で再会する。そこに、滅びの国「ダークフォール」に乗っ取られそうになっている「泉の郷」からやってきた花の精・フラッピと鳥の精・チョッピが現れる。
力を貸して欲しいと頼まれた2人は伝説のプリキュアに変身し、世界樹と7つの泉を取り戻すために戦うことになるのだった。

■第4作『Yes!プリキュア5』全49話(2007年2月4日~2008年1月27日)
キュアドリーム:夢原のぞみ
キュアルージュ:夏木りん
キュアアクア:水無月かれん
キュアミント:秋元こまち
キュアレモネード:春日野うらら

第4・5作合わせて一つに繋がっている。それまでの2人バディから5人体制となり、変身や必殺技を2人で行っていたのも単独となっている。

サンクルミエール学園に通う中学2年生の夢原のぞみは、ある日イケメンの男性を追いかけて図書館で不思議な本「ドリームコレット」を見つけたことで、イケメン男性が実は変身していた“妖精の国”パルミエ王国の王子ココだと知る。
ココは邪悪な組織「ナイトメア」に滅ぼされた故郷を復活させるため、どんな願いでも1つだけ叶えてくれるドリームコレットを探していた。ココを助けることを決めたのぞみは伝説の戦士プリキュアとなり、仲間を増やしながらドリームコレットを狙うナイトメアと戦い、ドリームコレットが願いを叶えるために必要な妖精・ピンキーを55匹集めていく。

■第5作『Yes!プリキュア5GoGo!』全48話(2008年2月3日~2009年1月25日)
キュアドリーム:夢原のぞみ
キュアルージュ:夏木りん
キュアアクア:水無月かれん
キュアミント:秋元こまち
キュアレモネード:春日野うらら

今作を持って、プリキュアシリーズを立ち上げた鷲尾天氏はプロデューサーを一旦交代している。
ナイトメアが消滅したことで復興を遂げたパルミエ王国ではココとナッツの戴冠式が執り行われるところ、突然、謎の組織エターナルが襲撃。ココとナッツたちはのぞみたちの世界に転送されてしまう。
一方、ナイトメアを倒し、平和な日常を送っていたのぞみたち5人の前に一人の少年が現れ、フローラと名乗る女性からの「キュアローズガーデンで待っています」という手紙を渡す。手紙がローズパクトへと姿を変えた矢先、それを奪いにエターナルの手先がやってくる。駆け付けたココとナッツによって、新たな変身アイテム・キュアモで再び変身したのぞみたちの戦いが始まる。

→次のページ:第6作『フレッシュプリキュア!』


■第6作『フレッシュプリキュア!』全50話(2009年2月1日~2010年1月31日)
キュアピーチ:桃園ラブ
キュアベリー:蒼乃美希
キュアパイン:山吹祈里
キュアパッション:東せつな

今作以降、2部構成はなくなり、1年おきにストーリーとメインキャラクターを一新するようになった。これまでプリキュアを見ていた女児たちが成長しても楽しめるように、キャラクターの頭身を増やしたり、ストーリーに謎を散りばめたり、年齢層の幅を広げた作風となっている。あわせて、ファッションや恋愛といった要素も取り入れられた。

人気ダンスユニット「トリニティ」に憧れる四つ葉中学校2年生の桃園ラブ。ある日、見に行ったトリニティのライブで感動に浸っていると、突如現れた全世界の支配・統制を目論む管理国家「ラビリンス」が送り出したナケワメーケによって会場は大パニックに。
「憧れの人たちを守りたい!」と強く願ったラブは、“妖精の国”スウィーツ王国から世界を救うプリキュアを探し求めてやって来た妖精・ピックルンとリンクルンのよって伝説の戦士プリキュアに変身。幼なじみの美希や祈里と一緒にラビリンスの野望を打ち砕くために戦うことになる。

今作の特徴は、4人目のプリキュアである東せつなが、最初は敵だったラビリンス幹部が後に転生した姿であるということだ。単に勧善懲悪ではなく、間違ったとしても新たにやり直すことができるというメッセージが、そこには込められている。

■第7作『ハートキャッチプリキュア!』全49話(2010年2月7日~2011年1月30日)
キュアブロッサム:花咲つぼみ
キュアマリン:来海えりか
キュアサンシャイン:明堂院いつき
キュアムーンライト:月影ゆり

今作では原点回帰して初期メンバーのプリキュアが2人になった。
私立明堂学園に転校してきた中学2年生の花咲つぼみは、内気に自分を変えたいと願っていた。しかし、強引でマイペースな来海えりかに振り回されてなかなか上手くいかない。そんなつぼみの元に、夢で見たこころの大樹の妖精・シプレとコフレが現れる。

さらには妖精を追いかけて来た悪の組織“砂漠の使徒”サソリーナが、えりかのこころの花を奪ってしまう。 彼女を救うため、つぼみはプリキュアに変身することを決意。後に、つぼみに救われたことでえりか、生徒会長・明堂院いつき、高等部の月影ゆりもプリキュアとして覚醒し、4人で砂漠の使徒に立ち向かっていく。

■第8作『スイートプリキュア♪』全48話(2011年2月6日~2012年1月29日)
キュアメロディ:北条響
キュアリズム:南野奏
キュアビート:黒川エレン
キュアミューズ:調辺アコ

今作は「音楽と友情」がテーマ。そのため、初期のプリキュアは2人だけで始まる。

人間の世界とは異なる時空にある幸せな音楽の国「メイジャーランド」。年に一度だけ開催される演奏会で、歌の妖精ハミィは世界の平和を願って「伝説の楽譜」に記された「幸福のメロディ」を歌おうとしたところ、伝説の楽譜」に記された「幸福のメロディ」を歌おうとしていた。しかし 演奏会の最中、悲しい音楽の国「マイナーランド」の王メフィストが現れ、楽譜を「不幸のメロディ」に変えようとした。

メイジャーランドの女王アフロディテによって音符を人間世界にばらまくことで、からくも阻止したが、散らばった音符を取り戻すためハミィやメフィストの部下たちが人間界へ。
音楽が溢れる加音町で育った北条響と南野奏は、幼なじみなのに最近はケンカしてばかりだった。そんな2人の前にやって来たハミィに頼まれたことで2人はプリキュアへと変身する。音符を探す中で新たな仲間も加わり、2人は徐々に友情を取り戻していく。

■第9作『スマイルプリキュア!』全48話(2012年2月5日~2013年1月27日)

(C)ABC・東映アニメーション

キュアハッピー:星空みゆき
キュアサニー:日野あかね
キュアピース:黄瀬やよい
キュアマーチ:緑川なお
キュアビューティ:青木れいか

タイトルには、前年に発生した東日本大震災で辛く悲しい思いをした人が多くいるため、観た人が笑顔になれるようにいう意味が込められている。

星空みゆきは絵本が大好きな中学2年生。七色ヶ丘中学校に転校した初日、絵本の国「メルヘンランド」の妖精キャンディと出会う。世界をバッドエンドに変えようとする「バッドエンド王国」からメルヘンランドを救うため、伝説の5人の戦士プリキュアを探しに来ていたのだ。そこに、バットエンド王国の悪役たちがバッドエナジーを集めるため地球にやってくる。みゆきは絵本の国を守るためにプリキュアに変身することを決意するのだった。

■第10作『ドキドキ!プリキュア』全49話(2013年2月3日~2014年1月26日)

(c)2013 映画ドキドキ!プリキュア製作委員会

キュアハート:相田マナ
キュアダイヤモンド:菱川六花
キュアロゼッタ:四葉ありす
キュアソード:剣崎真琴
キュアエース:円亜久里

今作のテーマは「愛」で、4人のプリキュアの心の交流が丁寧に描かれてる。
大貝第一中学校の2年生の相田マナは、生徒会長を務めるしっかり者の優等生。社会科見学で東京クローバータワーを訪れた際、先生の代わりに生徒たちを引率していた彼女は、謎の勢力ジコチューによって滅ぼされたトランプ王国からやって来た妖精シャルル、ラケル、ランスの三姉弟と出会う。

その時、巨大なジコチューの怪物が現れて暴れ回るのを見たマナは、不思議なアクセサリー・キュアラビーズの力でプリキュアに変身。親友の六花、幼なじみのありすたちと一緒にジコチューを浄化するために戦っていく。

→次のページ:第11作『ハピネスチャージプリキュア!』
■第11作『ハピネスチャージプリキュア!』全49話(2014年2月2日~2015年1月25日)

(C) 2014 映画ハピネスチャージプリキュア!製作委員会

キュアラブリー:愛乃めぐみ
キュアプリンセス:白雪ひめ
キュアハニー:大森ゆうこ
キュアフォーチュン:氷川いおな

「ハピネス注入!」が合言葉で、皆を幸せにするために戦う。オシャレもテーマの一つで、今作では多種多様なコスチュームへの変身も見られる。

謎の国家・幻影帝国に侵略される地球において、幻影帝国に立ち向かうプリキュアたちはニュースで伝えられ、世界中の少女たちの憧れだった。そんな中、ワガママでマイペースな白雪ひめも祖国ブルースカイ王国を幻影帝国から取り戻すべくキュアプリンセスとして戦っていたが、全勝全敗で上手くいかない。

そんな彼女の心境を慮った地球の神によって引き合わされたのが愛乃めぐみ。2人は親友となり、キュアラブリーとなっためぐみはひめとともに「ハピネスチャージプリキュア」を結成して幻影帝国と戦うのだった。

■第12作『Go!プリンセスプリキュア』全50話(2015年2月1日~2016年1月31日)

(C)2015 映画Go!プリンセスプリキュア製作委員会

キュアフローラ:春野はるか
キュアマーメイド:海藤みなみ
キュアトゥインクル:天ノ川きらら
キュアスカーレット:紅城トワ

今作では全寮制の学校を舞台に、プリンセスに憧れる主人公を軸とした「夢」がテーマになっている。

愛読書の絵本『花のプリンセス』がきっかけで、「プリンセスになりたい」と夢見る私立ノーブル学園1年生の春野はるか。ルームメイトの七瀬ゆいと仲良くなって夢を語り合うものの、過去に自分の夢をバカにされたトラウマから自分の夢を伝えることが出来ずに森への逃げ込んでしまう。
そこで出会ったのがロイヤルフェアリーの兄妹・パフとアロマだった。2匹を追いかけてやって来た闇の勢力ディスダークの三銃士の一人・クローズによって、夢が閉ざされて怪物にされてしまったゆいを助けるため、はるかはプリキュアに変身することを決意する。

■第13作『魔法つかいプリキュア!』全50話(2016年2月7日~2017年1月29日)

(C)2016 映画魔法つかいプリキュア!製作委員会

キュアミラクル:朝日奈みらい
キュアマジカル:十六夜リコ
キュアフェリーチェ:花海ことは

今作では人間界の少女と魔法界の少女が手をつなぐことを通して、「一人一人価値観や立場の違いを受け入れていくことで世界が広がっていく」ことが一つのテーマとなっている。

津成木第一中学校に通う朝日奈みらいは、もうすぐ中学2年生になる春休みの夜、空から落ちてきた魔法使いの少女リコと出会う。よく見ると2人は同じペンダントをつけていた。ナシマホウ界からやってきたリコは、リンクルストーン・エメラルドを探していた。
そこへ闇の魔法使いが現れ、追い詰められる中で2人とクマのぬいぐるみ「モフルン」が手をつないだ時に魔法使い「プリキュア」が誕生した。本作では、「つなぐ」ことが一つのテーマとなっている。

■第14作『キラキラ☆プリキュアアラモード』全49話(2017年2月5日~2018年1月28日)

(C)ABC-A・東映アニメーション

キュアホイップ:宇佐美いちか
キュアカスタード:有栖川ひまり
キュアジェラート:立神あおい
キュアマカロン:琴爪ゆかり
キュアショコラ:剣城あきら
キュアパルフェ:キラ星シエル

今作は「スイーツ×アニマル」がテーマ。性格や価値観から好きなスイーツまで全く異なる5人が大好きなスイーツのために戦う。

スイーツが大好きな中学2年生の宇佐美いちか。海外から帰国する母のためにショートケーキを作ろうと奮闘していると、不思議な妖精ペコリンが現れて美味しく作るためのアドバイスをしてくれた。順調に美味しいケーキを作っていくいちかだが、母から帰れないと電話があって落ち込んでいるところにスイーツに宿るキラキラルを狙う悪い妖精ガミーが現れる。

いちかがあきらめずにケーキを完成させた時、ケーキに込められたキラキラルによって「伝説のパティシエ・プリキュア」への変身アイテム・スイーツパクトが降ってくるのだった。いちかの、スイーツを人々の笑顔を守るための戦いが幕を上げた。

■第15作『HUGっと!プリキュア』2018年2月4日より放送中

(C)ABC-A・東映アニメーション

キュアエール:野乃はな
キュアアンジュ:薬師寺さあや
キュアエトワール:輝木ほまれ
キュアマシェリ:愛崎えみる
キュアアムール:ルールー・アムール

シリーズ15周年となる本作は「子育て」がテーマ。「超イケてる大人のお姉さん」を目指す中学2年生の野乃はなは、女の子の赤ちゃんにメロメロになり、「はぐたん」と名付ける。赤ちゃんと一緒に来たハリハム・ハリーが「これはお前の未来のため!」と謎のメッセージを伝えた後日、謎の組織「クライアス社」がはぐたんが持つミライクリスタルを狙って現れる。
はぐたんを守ることを決意したはなは、変身アイテム・プリハートによってキュアエールへと変身を遂げるのだった。
◆◆◆

(C)2018 映画HUGっと!プリキュア製作委員会

振り返って見ると、様々なテーマがあれ、友情や愛、夢といった普遍的なことを抑えているのは変わらない。一方で、魔法少女に代わるプリキュアというテンプレートが浸透したのは、現代の女性像の変化によるものだろう。15作品55人以上ものプリキュアの中から選ばれた14人が、限られた時間でどのように存在感を示すのか目が離せない。

TVアニメ『HUGっと!プリキュア』
毎週日曜日朝8時30分よりABC・テレビ朝日系列にて好評放送中

アニメ!アニメ! 乃木章

最終更新:10/14(日) 10:40
アニメ!アニメ!