ここから本文です

WEC富士決勝|レース序盤にクラッシュ。レベリオンのメネゼス「つまらないミスをした」

10/14(日) 14:09配信

motorsport.com 日本版

 WEC富士6時間レースの決勝レース。LMP1クラスのトップ争いをしていたレベリオン・レーシングの3号車は、スタートから2時間足らずでクラッシュ、早々にリタイアになった。ドライブしていたグスタボ・メネゼスが、クラッシュの様子をMotorsport.comに語った。

「つまらないミスをしたと反省している。セーフティカーが出ている間にタイヤ温度が下がり、なぜだか分からないけど、最後の2周は急激に低下した。まだセーフティカーが出ていたのだが、アクセルを開けたらスピンして壁にぶつかった」

「第1コーナーはまだ少し濡れていたけど、水に乗ったわけじゃない。単純なミスだ」

「クラッシュする前はSMPレーシングのクルマと争っていた。彼らは半乾きの路面では結構速いけど、完全なドライになると我々の方が速いと思う。でも、それを証明する前に壊れてしまった。あとはチームメイトの1号車に頑張ってもらうしかない」

「シルバーストンの後は結構厳しい状況が続いているけど、立ち止まるわけにはいかない」

赤井邦彦

最終更新:10/14(日) 14:32
motorsport.com 日本版