ここから本文です

伝説の「CSL」復活か、BMW M2 に最強モデル設定へ

10/14(日) 12:30配信

レスポンス

BMWのコンパクト2ドアクーペ『2シリーズ』のハードコアモデル『M2』に、さらなる最強モデル「CSL」または「CS」が設定されることがわかった。

[関連写真]

ニュルブルクリンクで初めて撮影に成功したプロトタイプは、最新の高性能モデル『M2コンペティション』に似ているが、より拡大されたリップスポイラー、リアスポイラーが装着されている。またミシュラン「Pilot Sport Cup 2」タイヤ、軽量ブラックYスポークホイール、セラミック・ゴールドブレーキキャリパーを装備していることからも、タダモノでないことがわかる。

「CSL」は、「Coupe Sport Lightweight」の略で、BMW2ドア・スポーツの頂点として存在する伝説的モデルだ。初代は1968年に登場したE9世代の『3.0 CSL』で、その後2003年にE46型『M3 CSL』を限定1383台で発売。さらに2015年には、『3.0 CSL オマージュ/オマージュRコンセプト』が発表されている。同ブランドは「CSL」の名称を商標登録しており、「GTS」の代わりに採用されると噂されている。

現在のトップモデルである「コンペティション」は、6速MTおよび7速DCTと組み合わされる3リットル直列6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力410ps、最大トルク550Nmを発揮。0-100km/h加速は4.2秒で駆け抜ける。

現時点で、「M2 CSL」と「M2 CS」のどちらの名称が与えられるかは不明だが、いずれにしても、「コンペティション」をしのぐ強力なパフォーマンスを発揮することは間違いない。



《レスポンス 子俣有司@Spyder7》

最終更新:10/14(日) 12:30
レスポンス