ここから本文です

新兵教育隊入所後に再検査判定で帰宅の兵士、3年間で4万人=韓国

10/14(日) 12:00配信

中央日報日本語版

この3年間に現役判定を受け新兵教育隊に入所しながら入営身体検査の結果で再検査の判定を受け帰宅させられた兵士が4万3747人に達することが明らかになった。

国会国防委員会所属のキム・ビョンギ議員が14日に兵務庁から提出を受け公開した資料によると、新兵教育隊の入営身体検査再検査判定で帰らされた将兵は2015年が1万1191人、2016年が1万7577人、2017年が1万4979人だった。

昨年から帰宅将兵数が小幅に減少したが、これは身長と体重の項目が昨年から入営身体検査の再検査判定事由から除外されたため。

2017年の帰宅判定事由を見ると、精神科項目が7834人で半分以上を占めており、内科が3206件、外科が2823件の順だった。

キム議員は「一次的に兵務庁の入営身体検査方式を強化し、入営した兵士が再検査によりわずらわしい状況にぶつかるのを最小化しなければならない。特に精神科人材確保と検査方式強化を通じ帰宅者を減らさなければならない」と注文した。

最終更新:10/14(日) 12:00
中央日報日本語版

Yahoo!ニュースからのお知らせ