ここから本文です

「七五三」参りの千歳飴の袋詰め 西宮神社

10/14(日) 11:40配信

読売テレビ

読売テレビ

 「七五三」参りのシーズンを前に、「えべっさん」の総本社、西宮神社では、千歳飴(あめ)の袋詰め作業がピークを迎えている。

 福の神である「えべっさん」の総本社、兵庫県西宮市の西宮神社では、赤いはかま姿の巫女さんたちが、紅白の千歳飴とお守りを丁寧にお祝い袋に詰めている。千歳飴は、「七五三」で参拝する子供たちの健やかな成長を願う縁起物で、西宮神社では、今月末までに5千袋・1万本の千歳飴を用意することにしている。

 「七五三」の参拝のピークは、来月15日前後だが、最近は、お参りを前倒しする傾向にあり、今月でも休日は、100組以上のお参りがあるという。

最終更新:10/15(月) 9:31
読売テレビ

Yahoo!ニュースからのお知らせ